個人事業主・自営業 仕事

【ビジネス・商売】世の中の空気の変化を感じて想像する

努力しているのに、最近仕事がイマイチうまくいかないな~とか、商品やサービスが売れないな~という方もおられると思います。

実はビジネス・商売って、自分の努力だけではうまくいかないこともあるのかなと思います。

というのも、商売というのは、相手(お客さん)や取引先があってこそで、自分がいくら頑張ったところで、どうなるものでもないという面もあるのかなと思います。

どうすれば、そんな問題を解決できるのでしょう?

個人的には、『世の中の空気感を読んで、次に何が起こるかや、何が起こっているかを想像する』ことが大事なのかなと思います。

ちょいビズ
今回は、世の中の空気を感じることについて考えてみました。

世の中の空気を感じるには

ニュースを読む

ひとつは、ニュースを読むことかなと思います。

世の中で何が起きているかを知ることはやはり大事なことですね。

偉そうに言っている私自身、正直新聞はもう何十年も取ってないですが(-_-;)

でも、ネットのニュースやSNSなどを駆使すればある程度精度の高い情報は得られるのかなと思います。

肝は自分なりの独自の方法で情報を取ることかなと思います。

自分なりの視点でニュースを精査して、短期、中期的にどう世の中が動くかを想像してみるというのは大事なことかなと思います。

現場を見る

また、自分のビジネスの現場を見るのも大事なことかなと思います。

いくらネット社会でも現場ほど生きた情報がある場所はないのかなと思います。

現場を無視して、ただ自分の想像だけで仕事をしても正直あんまりうまくいかないんじゃないかと思います。

日々変化する空気を感じるには、やはり現場が一番大事なのかなと思います。

また、普段利用するお店やスーパーなどから変化を感じることもできますね。

時が来るのを待つ

それから、実はビジネスの時期が来ていないということもあるのかなと思います。

1年間という短いスパンで見ても、業種によっては「書き入れ時」というのがありますが、その時期が来ていなければいくら頑張っても仕事はこないですよね。

そんな時は、その時のために準備しておくことが大事ですよね。

例)七五三、おせち料理、クリスマス等

自分の仕事がどういうタイミングで需要が増えたり、減るのかなども考えておくことも大事なことなのかなと思います。

それから、その時が来るまでに、資金がショートしないように蓄えておくことも大事だろうと思います。

ちょいビズ
何で売れているのか、何で売れていないのか、何で仕事がないのか、何で仕事が多いのかを「時」という観点で想像してみるのも大事かもしれないですね。

歴史を学ぶ

個人的にいつもおすすめしているのが、歴史を学ぶことですね。

商売では「現在」や「未来」を見ることも大事なことですが、それだけでなく、「過去」の歴史から学ぶことも大事なのかなと感じています。

そうすることで、『世の中の空気』の正体が何なのかというのがより分かりやすくなるのかなと思います。

まとめ

「世の中の空気を感じる」というとても抽象的なことをテーマに考えてみました。

ただ、この空気を読むことで、次にどう動くべきかが予想できるので、案外ビジネスには大事なことなのかなと思います。

ちょいビズ

筆者紹介
☆CHOIBIZ(ちょいビズ)
40代 自営業歴 約20年
ほとんど会社に雇われずに、ゆるく楽しく(時に苦しく・・)、自活してきました。
そんな経験をもとに、会社や組織に依存せずに独立した生き方をしたい方向けに仕事の考え方や学び・勉強に関することなど、個人的に考えたことを中心に書いています。9割9分役に立たない情報と思いますが・・。
哲学・歴史・美術を中心に人生の学び直し中。
海外一人旅や海外移住(3年半)も経験。
趣味:テニス
※ちょいビズとは「ちょっとしたビジネス」という意味の自作造語です。

-個人事業主・自営業, 仕事

© 2021 ちょいビズ