仕事

結局、面倒くさいことをすることが仕事では大事なのかもしれない

できることなら面倒くさいことはやらずにおきたい

でも、やらなかったら何も進まない。

大体仕事ってそんな葛藤の繰り返しのような気がします。

結局、仕事がよくできる人とそうでない人との差は、頭の良し悪しもあると思いますが、『面倒くさいことをやっているか、やっていないか』も大きいのではないかと思います。

ちょいビズ
今回は、『面倒くさいことをやると得られること』と『やらないで逃げるどうなるか』について考えてみました。

仕事で『面倒くさいこと』が大事なわけ

仕事で面倒くさいことをすると得られるかもしれないメリット

面倒くさいことをするメリットを少し例を挙げてみます。

整理整頓・掃除

整理整頓や掃除は面倒くさいと思う方も多いでしょうね。整理整頓していなくても仕事は出来ますし、掃除をしていなくても仕事に支障はないかもしれないです。

これをやると何かメリットがあるのでしょうか?

(得られるかもしれないメリット)

物が探しやすい。気持ちがいい。仕事の効率が上がる。自尊心が高まる等。

ホームページやブログの運営

別にホームページがなくても仕事はできないことはないと思いますし、ブログなんか書くのはめんどくさいですし、成果が上がるかどうかもよくわからない。

時間が掛かって大変です。

これをやると何かメリットがあるのでしょうか?

(得られるかもしれないメリット)

顧客の流入。問い合わせの増加。収益の増加。マーケティング力が高まる。文章を書くのがうまくなる。頭の中の整理ができる等。

仕事の勉強をすること

勉強をしなくても日々の業務に支障はないかもしれないです。毎日ちまちま本を読んだり、参考書を開いて数時間学んだり。

これをやると何かメリットがあるのでしょうか?

(得られるかもしれないメリット)

知識が増えることで、より高い次元で仕事ができる可能性がある。

収益や年収の増加。仕事の選択肢が広がる等。

筋トレやジョギング

筋トレしなくても特に体に支障はないですし、ジョギングなんて辛いことをしなくても日々動けている。

これをやると何かメリットがあるのでしょうか?

(得られるかもしれないメリット)

体幹のバランスが良くなり、けがをしにくくなる。体力がついて、仕事の持久力が高まる。集中力が高まる。年を取っても働ける等。

【あわせて読みたい】40代からやるべき三大運動はジョギング・筋トレ・ストレッチと断言できる

ちょいビズ
面倒くさいことをすると100%成果が上がるかというとそうでもないとは思います。ただ、可能性を高めるための手段と考えると良いのかなと思います。

面倒くさいことはできるだけ効率化する

面倒くさいことをするのには結構パワーがいると思います。

ですので、できるだけ面倒くさいことは効率化した方が良いようにも思います。

個人的なやり方は、『面倒くさい!』と思うことをピックアップして、「どうにかしてもっと簡単になる方法はないか?」と考えることです。

例えば、書類を送るのに送り状をすべて手書きで書いている場合は、専用シールを購入してプリンターで印字するようにするとか、紙のレシートの処理が面倒な場合は、キャッシュレス決済で済ませるなどです。

他にも自分の業務で面倒くさい点があればドンドン改善するように心がけます。すると、仕事が段々楽になりますし、面倒くさいから後回しにするということが減るように思います。

面倒くさいことをお金で解決する

面倒くさいことはお金で解決できる場合も多々あります。

この辺りは、懐具合と相談することになりますが、掃除が苦手な人はお掃除ロボットを購入するとか、業者にお願いする。商品を送るのが面倒な人は代行業者にお願いする等。色々とあると思います。

ただ、仕事の根幹部分を委託するような真似は止めた方がいいと思います。

面倒くさいことを好きなことと繋げる

面倒なことや、やりたくないことはなかなか続けることが難しいものですが、『好きなこと』と関連付けると継続しやすいです(『予想どおりに不合理』という本に詳しく解説されています)。

例えば、私の例でいくと、私自身、筋トレやジョギングってめちゃくちゃ嫌いだったのですが、あることと繋げることで継続できるようになりました。

それは、好きな趣味のテニスです。

いつもテニスの試合で体力がなくて負けていたのですが、勝てるようになるにはどうしたらいいか?と考えた時に、体幹を鍛えたり、体力をつけることが大事だと思い、めちゃくちゃ嫌いな筋トレやジョギングを始めました。

すると、目に見えて体が丈夫になりましたし、体力も付きました。試合でも体力負けすることがなくなりました。

体力がついたため、仕事でもいいパフォーマンスを発揮できるようになったように思います。

ちょいビズ
面倒なことは、好きなことと繋げると続けやすくなるようですよ。

『面倒なこと』+『好きなこと』=『継続できる』

面倒くさいことをやるかどうかが大事になる

今後、AIに仕事が奪われるというような話もありますね。

でも、正直、人にしかできない面倒なことは多分、残ると思います。

どうしてもコンピュータでは解決できない仕事って『面倒』な中に沢山隠れているのかなと思います。

なので、日ごろから面倒なことをキチンとやっていれば、仕事はそうそうなくならないと個人的には思います。

面倒くさいことから逃げるとどうなるか

反対に、面倒なことから逃げてばかりいる人は、段々厳しくなるかもしれないですね。

面倒だから人に任せておこうとか簡単な気持ちでいると、それこそAIに仕事を奪われて、AIに使われる人になってしまうかもしれないです。

面倒なことから逃げてばかりいると、実力が身につかず、給料や収入もあんまり増えないばかりか、力がつかないので、いつも不安な状況が続くかもしれないですね。

まとめ

世の中、面倒くさいことばかり。

面倒ではない仕事は誰にでもできること。

結局、面倒くさいことは避けて通れなさそうです。

ほとんどの人が『面倒くさいからやらない』ことを自分がやり続ければ、それだけでもその中では頭角を現わせるのかもしれないですね

ちょいビズ
そうと分かれば、『めんどくさいことはやり続けるしかなさそう』ですね。

【あわせて読みたい】凡人でも継続することで何かが起こる

ちょいビズ

筆者紹介
☆CHOIBIZ(ちょいビズ)
40代 自営業歴 約20年
ほとんど会社に雇われずに、ゆるく楽しく(時に苦しく・・)、自活してきました。
そんな経験をもとに、会社や組織に依存せずに独立した生き方をしたい方向けに仕事の考え方や学び・勉強に関することなど、個人的に考えたことを中心に書いています。9割9分役に立たない情報と思いますが・・。
哲学・歴史・美術を中心に人生の学び直し中。
海外一人旅や海外移住(3年半)も経験。
趣味:テニス
※ちょいビズとは「ちょっとしたビジネス」という意味の自作造語です。

-仕事

© 2021 ちょいビズ