自営業 暇な時どうするか?6つの打開策+α

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは

自営業 暇な時どうするか?』についてです。

私も個人事業主を10年以上しています。

正直、たまに暇な時がありました。

忙しい時は、目が回るほどに忙しいのですが、

たまに、エアポケットに入ったかのように暇になることがありました。

他の自営業の人に聞いても同じようなことがあるそうです。

そういう状況はあんまり良くないですよね。

仕事さえあれば、幾らでも稼げるのに、

サボるつもりもなくても、売る商品がなかったり、

お客さんから仕事の依頼が入らなかったりという状況が続くと、

やっぱりヤバイと思いますよね。

こういう時はサラリーマンならのんびりしていられますが、

自営業はそうもいきません。

暇な時間は、体の疲れを癒やすのには必要かもしれないです。

でもそうも言っていられません。

そのような暇な状況が続かないように、

私がテコ入れしたことをなどについて書いてみました。

仕事がない時の6つの打開策

1.仕事の幅を少し拡げる

私の場合、基本的には、一点集中(選択と集中)方式を取り入れています。

基本的に同じ仕事をひたすらこなす(ルーチン化)ようにしています。

そちらの方が仕事としては効率が良いからです。

ただ、暇な時は、少しその幅を拡げるようにしています。

(別の仕事も多少するようにしています)

そうすることで、仕事が増えますし、

実際に利益が上がることもあります。

収入の安定化にも繋がります。

『これしかやらない』と決めていても、

たまには融通を効かせ、柔軟にやることも必要なのかなと思います。

2.営業する

当たり前といえば当たり前ですが、

待っていても仕事が来ない時は、

営業して仕事を取ってくる努力も必要かもしれません。

私も販路拡大のために、地元の商工会に登録してイベントに顔を出したり、

チラシを作ったりして、できるだけ仕事を増やすように努力していました。

商工会は年会費も安く、とても良くしてくれるので、おすすめです。

(商工会には数年ほど入会しましたが、何をやるにしても非効率な書類作成と年寄りの利権争い、融通の効かなさに嫌気がさして退会を決意しました。本当に自営業の立場でものを見ているのか?と思うことが多々ありました。大きな組織で、上から目線。役所と同じ。本当に苦しい立場の人間には優しくない。政治が得意な人は良いが、私のような個人で政治とは無関係でいたい人間には不向きだと感じました。そもそも商売をしたことがない人が商売人のサポートをするのは無理。一年目何か、カレンダーを渡しに来ただけ・・・。)

民間の異業種交流会なども良いですが、

私は保険の営業や怪しいビジネスの営業が激しすぎて閉口し、

行く気が失せたことがあります。

参加するなら、きちんと運営方針が明確な異業種交流会に行った方が良いですね。

以下、営業が苦手な方におすすめの営業方法です。

戦わない個人事業主 営業しない営業で成果を出す

3.得意先周りをする

定期的に得意先を回るのも良いと思います。

というより、やっていないのでしたら、

必ずやっておいた方が良いと思います。

やはり、一度取引先との仕事が終わったからといって、

その後、梨の礫(なしのつぶて)というのも良くないのです。

たまに取引先に顔見せでもしたら、相手も喜びます。

また、違う依頼をしてくださることもよくあります。

実際に取引先に話をしたら、売ったら売りっぱなしの業者が多く、

販売後フォローする業者が少ないので、

連絡をマメにくれる業者はありがたいとおっしゃっていました。

年賀状やはがき、メール、電話、LINEなどでたまにやり取りするのも良いと思います。

気にかけていることを少しでも態度で示しておくことは大切です。




5.定期的に注文を頂ける得意先を作る

自営業は、定期的に収入が入ってくる得意先を持っておく方が良いと思います。

ある意味、上記のような『得意先周り』がそれにあたります。

自営業はどうしても、利益がその月の状況に応じて変化してしまいます。

リピートしてサービスを利用してくださる方を増やしておくことは、

安定化にはやはり大事なことですね。

6.副業を持つ

本業が暇な時に、代わりになる収入源となる仕事を持つことも大事だと思います。

いわゆる、『リスクの分散』ですね。

月に数万円にでもなれば、生活の足しには十分です。

どうしても本業で仕事がなくても、副業を持っておけば、

そちらからの収入で何とかなるということもあります。

卵を一つの籠に盛らずに、いろんな籠に盛っておけば、

リスク分散できるという言葉はよく聞きますからね。

私自身も本業が苦しくなってから、ネット通販を始めたり、

ブログのアフィリエイトを始めたり、仕事の掛け持ちを始めました。

そうすることで、収入も安定して気持ちも楽になりました。

トリプルワークのコツとやり方 3つの仕事を掛け持ちする方法

暇だ暇だと手をこまねいているばかりではなくて、

手・足・頭をフルに使って難曲を乗り切ることが大切ですね。

番外編 ブログを書く

ブログを書くも良いです。

私もブログを日課にしていますが、正直、かなりオススメです。

ブログは自社の差別化にも最適です。

自分がどのようなことをしているのかを、

インターネットで知ってもらうのは仕事でも大いに役立ちます。

自営業・個人事業主の方は、

ブログを書くことも検討に入れても良いのではないかと思います。

商品やサービスを売っている個人事業主の方なら、

あまり費用を掛けずに済むので素晴らしい『マーケティングツール』だと思います。

私も忙しい時でも、出来る限り書くようにしています。

ブログが軌道に乗るには時間が非常に掛かりますが、

良いコンテンツを書き続ければ、

仕事の依頼や注文に繋がることは多々あります。

ブログについては詳しく以下で書いています。

ブログ初心者 ブログを始める 初心者向けのヒントやコツ

番外編 読書

どうせ暇なら本を読むのもおすすめです。

私は、読書が一番有益で贅沢な時間ではないかとさえ思います。

古典を読んだり、歴史書を読んだり、ビジネス書を読んだり。

学びが多いのはやはり本です。

どんな本でも様々な気づきがありますし、

読んだ本を参考にして仕事に取り入れることもできます。

本を読むと幅広い視野を持つことができるようになるので、

仕事はもちろん、人生にも大きな影響を与えてくれるので、

本当に読書はおすすめです。

アマゾンのアンリミテッド(Unlimited)は定額で本が読み放題なので、

おすすめです。

番外編 オーディオブック

読書とは別に、書籍を音声で聞けるオーディオブックもおすすめです。

特に、車で移動中に聴けるので時間を活用できます。

アマゾンのAudible(オーディブル)なら、

定額で多くのオーディオブックを聴けるのでお得です。

私も車内で様々なジャンルのオーディオブックを聞いています。

番外編 派遣やアルバイトに登録する

エンジニアなどIT技術に長けた人なら、自営業の立場でいながら、

会社に所属するというスタイルも可能です。

レバテックフリーランスなどのフリーランスエージェントに登録すれば、

仕事がなくて暇な時間ができることを避けることができ、

安定した収入を確保できるので有り難いですね。

また、空いた時間に少しお小遣い稼ぎをしたい方なら、

アルバイトを探すのも良いと思います。

暇を持て余すくらいなら、何か動いた方が良いですね。

ただし、仕事に全く関係のないアルバイトよりも、

何らかのステップアップに繋がるもの、勉強になる仕事が良いと思います。

まとめ

自営業が安定的に仕事を得るにはなかなか大変なことです。

暇をなくす一番の方法・特効薬は、『得意先周り』>『営業』の順でしょうか。

派遣やアルバイトに登録するのも良いと思います。

また、人脈を拡げることもとても大切なことではないかと思います。

長期的な視点でいくと、読書とブログが個人的にはおすすめです。

また、私のように、トリプルワークを実践されると収入も安定してくると思います。

ご参考まで。

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

ネット通販 インターネット通販を開業する際に知っておきたいこと

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク