個人事業主・自営業 仕事 考え方

仕事の交渉事で成功率を高めるには

仕事では交渉事って結構ありますが、交渉決裂ということもあると思います。

中には断られて憮然とした態度で怒りを表す人もいます。

交渉が失敗したのは何が悪かったんでしょうね。

ちょいビズ
今回は交渉事をスムーズにするためにはどういうことに気を付ければいいか考えてみました。

仕事の交渉でうまくいくには

自分のことばかりの人は嫌がられる

交渉事で個人的に面倒だと思うのは、相手が自分の主張ばかりしてくることかなと思います。

自分のやりたいことや権利ばかり主張してくる人は子供ぽく感じますね。

私も商売をしていますが、仕事は基本的にまずは相手に利益を与えることが重要だと考えていますが、案外、自分中心で自分の事ばかり考えている人も多いとも感じます。

私の場合、そういう人が交渉してきたら、渋々交渉に応じるか、次に繋がらないような提案をするかなと思います。深入りしたくないので。

それは提案してきた本人にとってはかなりのマイナスですよね。本人は気が付かない場合が多いですけど・・・。

信頼関係ができていない

基本的には交渉がうまくいくかどうかは、その人とどれくらい信頼関係ができているかも大事なのかなと思います。

まだ、海のものとも山のものとも分からないような人と大事な交渉ができるわけがないですよね。

もし大事な案件の交渉事があるなら、まず信頼関係を築くことでしょうね。

というより、むしろ普段から意識せずとも、信頼関係を築いておく方ことかなと思います。

ちょいビズ
普段は関わりの薄い人が、急にすり寄ってきたら逆に怖くて、何かあるな?と思い相手は逃げていきますね(笑)

下心が見え見え

商売なので下心というか、自分の利益を考えて動くことは当然ですが、あまりにも露骨だと相手も引く場合は多いですよね。

私もそういう人に何度か会ったことがありますが、何というか気持ちが態度や言動ににじみ出ていて、ちょっと怖いと感じてしまいます。

上手に人を使ってやろうという意図が見えたら、残念ながら私なら仕事を断りますね。

段取りも大事

交渉を受ける立場の側で嫌だなと感じることに、段取りが悪い人

言ってみると、プレゼンが下手か、準備が不足していて何を伝えたいか明確じゃない人です。

わかりやすく簡潔に言えば、10秒で伝わることなのに、まどろっこしく婉曲的に、しかも相手に時間や心身の負担を掛けるやり方で交渉してくる人です。

ちょいビズ
私の場合、そういう人が来た場合は、今後のことも不安になるので、先のことを考えてやんわり断わる場合が多いですね。

言行が不一致

言っていることと、行動が伴わない人も問題ですね。

特に普段から接している人や、長年付き合いがある人なら、その人がどれくらいちゃんとしているかを見ていますからね。

本当にその人が言ったことを守るかどうかは、過去の言動を見れば明らかですから。

また、付き合いが浅い人の場合は難しいですが、私なら、その人がきちんとと挨拶できるかや、時間にルーズでないかや、支払いを滞りなくするかなどをじっと見ますね。

ちょいビズ
要は、どこまで信用できるかかでしょうか。

まとめ

交渉事って難しいですが、基本的には対・人なのでその人の人となりがかなり反映するのかなと思います。

ですので、出来るだけ日ごろから人と分け隔てなく付き合い、相手の立場を考えて行動することなのかなと思います。

相手の立場に関してあわせて読みたい

商売は相手の立場を考えること

ちょいビズ
筆者紹介
☆CHOIBIZ(ちょいビズ)
40代 自営業歴 約20年
ほとんど会社に雇われずに、ゆるく楽しく(時に苦しく・・)、自活してきました。
そんな経験をもとに、会社や組織に依存せずに独立した生き方をしたい方向けに仕事の考え方や学び・勉強に関することなど、個人的に考えたことを中心に書いています。
哲学・歴史・美術を中心に人生の学び直し中。
海外一人旅や海外移住(3年半)も経験。
趣味:テニス
ツイッターをフォロー
※ちょいビズとは「ちょっとしたビジネス」という意味の自作造語です。

-個人事業主・自営業, 仕事, 考え方

© 2021 ちょいビズ