個人事業主・自営業 仕事

FIRE(経済的自立と早期リタイア)について個人的に思うこと

FIRE(経済的自立と早期リタイア)という言葉をよく耳にするようになりました。

FIREって、実際どうなんだろう?と思います。

皆さんにとって、ポジティブなイメージでしょうか?ネガティブなイメージでしょうか?

ちょいビズ
今回は、もし私がFIRE(経済的自立と早期リタイア)した場合について考えてみました。

もし私がFIRE(経済的自立と早期リタイア)した場合

仕事は楽しいので辞めたくはない

自分自身の場合、自営業ですので、事業がずっとうまくいき、資金を増やして投資・運用していけば、FIREというのも視野に入ってくる可能性もないことはないなとは思います。

でも、仕事は楽しいので辞めたくはないですね。

自分の場合は、仕事のない人生なんて正直つまらないかなと思います。

自分自身はバリバリの仕事人間というわけではないですが、それでも毎日休みで刺激のないのは辛い気がします。

私は自営業で定年がないので、なおさら辞めなくても良いかなと思います。

ただ、もしFIREできたら、お金目的というより、より楽しさを追求した仕事をしたいなと思います(というか、今でも十分楽しいですが)。

人生は長くなっているので、完全リタイアは不安

それから、人の一生は長くなっているので、完全にリタイアするのは正直不安があります。

個人的には、もし沢山お金があっても、仕事は辞めないし、強度は下げたとしても、仕事は続けるだろうなと思います。

というより、むしろ、年を取っても経験を活かしてより沢山稼ぎたいです。多分、その頃にはお金を稼ぐことが目的ではなくなるのかもしれないですが。それでもお金を稼ぐというのは面白いと個人的に思います。

働いてお金を頂くというのは、社会に貢献しているという証でもあるのかなと思いますし、そのお金をまた回したり、税金を納めたりすることは、経済にも良いことですし。

私自身の仕事の質のピークはもっと年を取ってからかなと思っているので、早期リタイアはもったいない気がします。

また、私の場合は、せっかく自営業をしているので、年齢で区切って辞めるというのも変な気がします。年を取っても何らかの役に立ちたい。

 

それから、金融資産だけに頼っていて、世界大恐慌なんか来たらたまったもんじゃないなと思います。

ですので、やっぱり何かしら、定期的に仕事をするなり、リスクヘッジはしておいた方が良いのかなと思います。

長期休暇を取って海外に滞在したい

とは言え、お金にゆとりがあれば、長期休暇を取って、海外に数ヶ月滞在するなどしたいです。

若い頃は沢山海外に行ったり、外国に住んだこともありましたが、年を取ってから見える世界も違うものがあるだろうなと思うので、そこは今後の個人的な目標ではあります。

最後まで人生を楽しみたいですね。

まとめ

もし私がFIRE(経済的自立と早期リタイア)した場合について考えてみました。

個人的には、FIREという言葉には正直、若干ネガティブな印象があります。

「楽に儲けて、早く仕事辞めようぜ。」みたいな。本当の意味はそうじゃないのかもしれないですが。

ただ、実際に、今後の日本社会を考えたら、早くから経済的にゆとりを持てた方が良いとは思いますし、そのためのお金の運用などはやっておいた方が良いとは思います。

でも、仕事は仕事として(安心感と楽しみのために)続けていく方が、個人的には良いのかなと思いました。

ちょいビズ

筆者紹介
☆CHOIBIZ(ちょいビズ)
40代 自営業歴 約20年
ほとんど会社に雇われずに、ゆるく楽しく(時に苦しく・・)、自活してきました。
そんな経験をもとに、会社や組織に依存せずに独立した生き方をしたい方向けに仕事の考え方や学び・勉強に関することなど、個人的に考えたことを中心に書いています。9割9分役に立たない情報と思いますが・・。
哲学・歴史・美術を中心に人生の学び直し中。
海外一人旅や海外移住(3年半)も経験。
趣味:テニス
※ちょいビズとは「ちょっとしたビジネス」という意味の自作造語です。

-個人事業主・自営業, 仕事

© 2022 ちょいビズ