コラム

『下積み10年』ってどういう意味なんだろう

世の中の流れ的には「下積みなんていらね~」みたいな風潮があるようにも思います。

まあ、正直、一所懸命にお金を稼いだり、ある一定の成果を上げることなら1年目、2年目でもできるのかなと思います。

でも、仕事ってそれだけじゃないんですよね。

まず、それをずっと続けることができるのかというのが問題ですね。

自分自身も、独立して最初の時期に案外うまくいっていた時期があり、調子に乗っていると、油断からガクッと業績が落ち込んだ時期がありました。

今思えば、世の中のことを全然理解していなかったと思いますね。

例えば、ビジネス市場の変化や、技術やトレンドの変化など。また、稼いだ後の税金のことなど。

継続するには、仕事の勉強の他に、仕事以外の勉強が沢山必要だと気付きます。

継続していると、色んな大きな壁が現れるのですが、まずそれを乗り越えられるかどうかが勝負。

それを乗り越えられた人が次のステップに行けるという感じでしょうか。

継続することで、見えないノウハウの蓄積ができて、段々と仕事を大きく捉えるようになったり、人との繋がりが増えて、少ない労力で大きな力を発揮できるようになるように思います。

下積みの苦労があると、そう簡単にブレることもなくなりますし、人への感謝の念も沸いてくるので、もし仮にうまくいっても、調子に乗ることもなくなります。

それに、10年続いたという自信が次の10年に向けての大きな礎になるんじゃないかと思います。

ということで、下積みがいらね~という意見に関しては、確かに何かを始めるのに下積みはいらないかもしれないですが、継続するにはそれなりの努力がいるので、結局10年くらいは下積みみたいな時間が続くのかなと個人的には思います。

その下積み期間を過ぎると、案外楽に物事を進められるようになるのかなと感じます。

(ちなみに、下積み期間中に楽しようとか、ショートカットしようとか考えない方がいいです。それだけ成長が遅くなるので)

もちろん、期間が過ぎても学ぶことを止めずにいることが大事なことなんじゃないかと思います。

(文)CHOIBIZ(ちょいビズ) 40代 自営業 ツイッターをフォロー

-コラム

© 2021 ちょいビズ