目先の利益より長い目を持つことの重要性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

目先の利益より長い目を持つことの重要性』です。

『商売は利益を追及しなければならない』。

この言葉に異存はありません。

ただ、目先の利益ばかりを求めると、

以下のような弊害が起こる可能性があります。

目先の利益を求める弊害

目先の利益を追及すると次に繋がらない

商売ですから、少しでも多く稼ぎを増やしたいのはわかります。

ただ、欲をかきすぎると良いことはありません。

以下は、その例です。

先日、お風呂のボイラーの交換の見積を業者に依頼しました。

こちらの、希望は最低限の機器で、価格を抑えたものを希望しました。

数日後、依頼した業者が見積書を持参したのですが、

こちらが考えた金額よりも随分高い金額を提示してきました。

機器の金額一つとっても、相場よりも10万円近くになっていました。

さすがに、高すぎるのでこの業者に頼むのを止めました。

確かに、お風呂のボイラー工事なんて、一度きりで、

次に交換するのは10年後、20年後かもしれません。

お金の取れる時に、取れるところから取っておこうという気持ちもわからなくはないです。

でも、もしかすると、いい仕事をしてくれたら、

他の工事も依頼するかもしれません。

また、次に人に紹介する可能性もあります。

はたまた、10年後に同じ業者にお願いすることもあると思います。

そうすれば、そんなに苦労しなくても、仕事は回ってきますし、

お客さんとの信頼関係は強固になっていくはずです。

実際に、私も来て頂いた業者さんと仲良くなり、

逆に仕事の依頼までされるようになったこともあります。

このように、利益を最優先すると、

信頼を獲得しにくくなるということも考えておかなくてはならないと思います。

それが、いつも新しい顧客を探さなければならなくなる原因にもなります。

また、お客さんも馬鹿ではないので、

足元を見られていることを察知すると、

二度とその業者に依頼することはないですね。

長い目で見ることの重要性

今はネット社会で、生き残り競争が激化しています。

ですから、背に腹は代えられないということもあると思います。

目先の現金が必要なこともあると思います。

でも、少し長い目で商売を考えるのも大事だと思います。

例えば、先程の業者の話を例に取ると、

今は、インターネットで業者を探すことは可能です。

でも、正直、どの業者が信頼できるかは、

ネットの情報だけでは不透明なことも多いです。

そういう時は、違う情報網から情報を得ることも多々あると思います。

それが口コミです。

ここではインターネットの口コミは含みません。

リアルな場面での口コミです。

一度でも仕事を依頼したことのある業者で、

信頼できる人だったなら、紹介したくなりますし、

『またあの人に頼もう』というのは人の道理です。

知らない人に頼むよりも、

信頼出来る人に頼む方が良いに決まっています。

ですから、短期的な利益ばかり追いかけるのではなくて、

長期的な視点を持って、儲からない時でも耐え続けて、

長い目で商売を成功させる道を選んだ方が良いように思います。

まとめ

商売は食うか食われるかという厳しい側面も確かにあります。

でも、信頼にまさることはないと思います。

自分の都合ばかり考える人よりも、

他人の気持ちに寄り添い、

真摯に仕事に向き合っている人の方が、

最終的にはうまくいくのではないかと考えます。

ご参考まで。

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク