メルマガはもう時代遅れ?本当に商売には使えないのか?考察

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。
無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

メルマガはもう時代遅れ?本当に商売には使えないのか?』です。

実際に当ブログ『ちょいビズ』もメールマガジンを配信しています。

反対にツイッターやフェイスブック、インスタグラムは未使用です。

SNSを使わずに、メルマガ重視なのにはそれなりの理由があります。

以下ではメールマガジンに関して色々と考えたことを書いてみました。

メルマガ考察

  1. メルマガには向き・不向きがある
  2. 今更メルマガ登録者なんかいない?
  3. SNSを使わないわけ
  4. 情報過多社会に必要とされる情報

1.メルマガには向き・不向きがある

メールマガジンに向いている業種と、

そうでない業種があるように思います。

例えば、リピートする理由のない商品や

サービスを提供している企業や個人。

このような業種の方には、

メルマガはあまり向いていないと思います。

反対に、何度も利用するものやサービス、

そこでしか提供していない情報を持っているなら

メルマガの配信を心待ちにしている人は

まだまだいると思います。

2.今更メルマガ登録者なんかいない?

『メールマガジンなんか今更読む人いないよ。』

そんな声が聞こえてきます。

ただ、当サイトの体感としては、

全然そんな感じがしません。

サイトを立ち上げて一年足らずですが、

メルマガ登録者は徐々に増えています。

メルマガ開封率は直近で23%~48%です。

普通、平均開封率は10数%程度と言われているそうなので、

当サイトではメルマガはよく読まれている部類のようです。

3.SNSを使わないわけ

当サイトはほとんどSNSを利用していません。

大きな理由の一つは、『時間がない』から。

特に、ツイッターやフェイスブックは

他のユーザーとの絡みが魅力ですが、

反面、時間を取られすぎます。

また、誹謗・中傷などで炎上するのも嫌いです。

あまり知らない人に気をつかうのも

性に合いません。

唯一利用しているSNSのLINE@は、

イベントの開催、参加者募集に有益です。

ちょいビズはメルマガが好きです。

理由は『ストレスがない』から。

メールマガジンは、購読者に直接配信するため、

大きな負担はありませんし、

本当に時間がないときは配信を休止することも出来ます。

自分のペースで配信できるのが魅力です。

4.情報過多社会に必要とされる情報

誰も彼もがメルマガを配信しまくっている時代がありました。

しかし、今は情報過多の時代です。

メルマガが『読まれない』というのも理解できます。

ですから、キチンと読者をセグメント(ニーズを分ける)して、

本当に読みたい読者だけに情報を届ける必要があります。

メルマガが読まれないのは、

ニーズに合った情報を提供していないからです。

キャンペーンでメルマガ登録者に景品をプレゼントしても、

それが終わればすぐに登録解除されてしまうのがオチ。

キチンとニーズを汲み取ることが重要になります。

それには、サイトの構成から考える必要があります。

もし読者ニーズに合った情報を届けられたなら、

『メルマガはもう使えない』とは言わなくなると思います。

まとめ

メルマガがオワコン(終焉)という言葉を目にするようになりました。

しかし、メルマガは今でも立派なメディアです。

SNSと使い方を『棲み分け』ることで、

まだまだ大事な戦力になると思います。

何にしても、とにかく読みたい人に

『適切な情報』を届けられるような工夫をすることです。

ご参考まで。

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク