個人事業主になるメリットとデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。
無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、「個人事業主になるメリットとデメリット」についてです。

私も長いこと個人事業主を続けていますが、長いことやればやるほど、個人で仕事をするということの現実の厳しさというものを突きつけられます。

そこで、今回は、個人的に感じる、個人事業主の良い面と悪い面を書いてみました。

個人事業主の良さ・悪さの比較

個人事業主のメリット

  1. 時間に融通が効く
  2. 会社のようなしがらみがない
  3. 頑張り次第では稼ぐことも可能
  4. やりたいことをやれる

時間に融通が効く

個人で働いていると、会社員のような就業時間がないので、時間には随分融通が効きます。

自分の好きな時に働けますし(業種によると思いますが)、育児などでも時間が取りやすいです。

実際に私も子供が病気をしたら比較的すぐに休めます。

ただ、休むとその分、仕事に支障が出たり、場合によっては収入が減るのが痛いところです。

会社のようなしがらみがない

会社のように、必ずやらなければならないこともありませんし、規則もありません。

基本的には上司・部下のような上下関係もありません。

そういう意味では、個人事業主は気楽なものです。

頑張り次第では稼ぐことも可能

頑張れば、サラリーマンよりも稼げる可能性もあります。

ただ、反対に、頑張らないとサラリーマン以下の収入ということも十分有りえます。

やりたいことをやれる

個人で仕事をするということは、ある程度自分の裁量で仕事ができるということです。

やりたいことをやりたいように出来るメリットはあります。

ただ、やりたいことが収入に繋がるかどうかというのは別問題で、やはり嫌なことでもやらないといけないことは多々あります。

好きなことや、やりたいことで食べていくのは案外大変なことです。

個人事業主のデメリット

  1. 毎月コンスタントに稼ぐのは困難
  2. 時間が不足する
  3. 社会保障が不十分
  4. 退職金がない
  5. 個人事業主では大きくなれない
  6. 有給休暇がない
  7. ボーナスがない

毎月コンスタントに稼ぐのは困難

毎月30万円も40万円もコンスタントに稼げるかというとそうでない場合が多いです。

人によっては収入の乱高下も有りえます。

仕事がコンスタントにあれば収入も安定しますが、どうしてもムラが出てしまいます。

その辺りのムラをどう乗り越えるか。

個人事業主としての生死を分ける大事な部分です。

時間が不足する

個人事業主は時間が不足しがちです。

会社員なら就業時間が決まっていますが、個人事業主は下手すると土日もなく働くことになります。

すると自分の時間や、休みの日がなくなるということになりかねません。

社会保障が不十分

個人事業主にはサラリーマンのように福利厚生はありません。

また、毎回同じことを言いますが、個人事業主は国民年金なので、歳を取ってからの保障が不十分です。

その点は意識しながら、サラリーマンとは違ったマネープランを立てるべきです。

退職金がない

社会保障が不十分な他に、大事なことは、個人事業主には当然、退職金がないということです。

大企業なら多くの退職金が出るでしょうし、中小企業でも長く勤続していれば、退職金は多少出るでしょう。

しかし、個人事業主にはそのようなお金も出ないので、自分で退職金に変わるものを稼ぎ出さなくてはなりません。

個人事業主では大きくなれない

個人事業主では商売が大きくならないというデメリットもあります。

所詮、個人商店です。

吹けば飛ぶ危うさ、脆さはいつも付きまといます。

ただし、テレビなどで露出を増やしている人は、大きな影響力を持つ人もいるのも事実です。

その場合は、有名になることのメリットとデメリットもよく考えておく方が良いように思います。

有給休暇がない

会社員ではないので、当然、『有給』は存在しません。

ウチは嫁が会社員なので、休んでも給料が出るのは羨ましいと思います。

育児中の我が家としては、有給休暇はありがたいものです。

ボーナスがない

個人事業主はボーナスがない。

これも実は年収において大きな差が出てきます。

サラリーマンは月収がさほど多くなくても、ボーナスでドンと大きな金額がもらえる場合があるのは良いですね。

個人事業主の場合は、たまたま月収が良い月があったとしても、反対に月収が少ない月もある場合があるので、結局は大した年収にならないということもあります。

まとめ

上記、個人事業主のメリット・デメリットについて考えてみました。

個人事業主は、『ある程度安定して収入があり、食べていけて、将来の備えもできれば最高』だと思います。

反対に、『食べていくのがやっとで、いつもお金の不安や、将来の不安がある場合は、苦しい』と思います。

ただ、実際には、常に将来への漠然とした不安は拭えないというのが、『個人事業主』の宿命なのかなと思います。

その不安を打ち消すには、極力お金を残しておいたり、将来の商売への備えを怠らないことかなと思います。

ご参考まで。

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク