会社に不満爆発!そんな人は一度仕事を辞めて独立してみるといいかも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

会社に不満爆発!そんな人は一度仕事を辞めて独立してみるといいかも』です。

先日、ある人と話をしていると、

上司と喧嘩して会社辞めてきた」とのこと。

こういう話をたまに聞くことがあります。。

というか、結構聞きます。

実際に私も昔、そのような経験をしました。

私の場合は喧嘩ではなくて、見切りをつけただけですが。

当時私は、海外暮らしをして日本へ帰国して、就職先を探していました。

ウェブ関係の仕事をしたかったので、

地元で有名なウェブの会社の面接を受けました。

そして、案外すんなり内定をもらいました。

それから、会社にに入ったのですが、

会社が暗い・・・。というか、私の入った部署の雰囲気が最低。。

案の定、私は部署のリーダーの隣の席に座ることになりました。

隣にいる上司からは、毎日メールで仕事の指示が送られてきていました。

言った言わなかったを無くすためもあるのでしょう。

メールを見逃すと、こっぴどく叱られました。

隣にいるんだったら『あのメール見た?』ぐらい言えないのか?と。

冷えた職場・・・。と私は思いました。

また隣にいた同僚は、毎日その上司に泣かされていました。

また上司も社長に不満たらたら。いつもカリカリしていました。

残業は深夜に及び、終電で帰れないこともしばしば。

無駄に残業が多く、上司が帰るまで帰りづらい雰囲気。

そしてまた、社長が思いついたように会議を始めて、

仕事は中断されて仕事が遅くなる。

そして、残業代も出ません・・・。

本当に地元で名のある会社なのか?と疑ってしまうほど。

そんな会社にずっと無理していることないなと思い、

すぐに見切りをつけて私はすぐに退社しました。

そんなクソみたいな会社によくみんな(社員)は無理してみんないられるなと、

不思議で仕方がなかったです。

日本では長年同じ会社に勤務して、

仕事を一人前にこなすことが求められますね。

でも、それだと、その会社でしか通用しない人になりかねないというリスクもあります。

さて、それから、私は派遣会社などを経て、

今は独立して自営業になり10年以上になります。

前置きが長くなりましたが、ここでは、

そんな会社に不満爆発寸前の人に『自分で稼いでみること』をおすすめしてみます。

独立してみると良い理由

  1. 自立心が身につく
  2. 稼ぐということがどういうことか分かる
  3. 会社の立場が分かる
  4. 社会保険のありがたさが分かる

1.自立心が身につく

独立するといやが上にも自分で稼がないといけない立場になります。

自然と自立心が生まれます。

これまでは会社に行って、仕事をすれば毎月決まった給料が貰えていました。

でも、これからは自分で自分の生活費を稼ぐ番です。

会社にいて何か物足りないなと感じている方は、

独立して自分で稼いでみるということは、

自立心を身につける上では良いことだと思います。

2.稼ぐということがどういうことか分かる

会社の場合は部署部門が細かく分かれていて、

自分で稼いでいるという実感がない方も多いと思います。

しかし、独立すると、すべて自分でやらなければなりません。

最初は商品作りから、集客、アフターフォローまで

すべて自分でやらなければなりません。

その一連の流れを知ることで、

稼ぐって実はこういうものなのだということが実感できます。

会社が利益を出し続けることって本当は凄いことなんです。

独立すれば、そういうことを実感することができます。

3.会社の立場が分かる

今までは会社員としての『自分の立場』を守れば良かったですが、

独立すればそんな立場もあったものではありません。

立場を守るものもなければ、自分の立場なんてことを考えることさえありません。

そんな小さな立場にこだわる時間があれば仕事しろというところでしょうか。

独立という経験を通して、自分を守ってくれる会社があるってやっぱりありがたいんだな~と思うはずです。

4.社会保険のありがたさが分かる

会社員の場合は、給料から社会保険である、

「健康保険料」「介護保険料(40歳以上)」「厚生年金保険料」

の一部を天引きして支払っています。

社会保険の半分は会社(事業者)が払っています。

サラリーマンの場合は、手取りが少ないと言っても、

社会保険料を会社が一部支払ってくれているので、安心して暮らせます。

会社にいる時は、そういう事実にあまり目を向けません。

しかし、独立すると、稼いだお金から社会保険料を自分で支払わなければならないのです。

実はかなり大変なことです。

会社を辞めて独立すれば、このようなことも気づくことができます。

まとめ

上記では、独立を勧めてきましたが、

正直、独立して食べていくのは大変です。

覚悟のある方なら、やってみられると良いと思います。

そうじゃない場合は、自分を会社にフィットさせるか、

会社を換える(転職)かしかないですね。

ただ、どんな会社でも同じような問題はありうると思うので、

どこかで折り合いをつけるしかないという面もあるのではないかと思います。

会社に依存しないためには、

副業などをして少しでも自分で稼ぐ体制を整えて、

自力をつけると良いかもしれませんね。

ご参考まで。

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク