個人事業主と時間管理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

今回のテーマは『個人事業主と時間管理』についてです。

個人事業主の場合は、自分が資本。

自分が働かなくては食えません。

よって、時間の管理はとても重要ですね。

私が個人的にやっている時間の管理方法について書いてみました

個人事業主は時間管理が生命線

  1. 誰にも邪魔されない時間を作る
  2. まとまった時間を作る
  3. 休む時間を作る

1.誰にも邪魔されない時間を作る

私の時間の使い方も子供が生まれてから激変しました。

それまでは、案外時間にはゆとりを持って仕事ができていました。

でも、子供ができるとそうはいきません。

特に子供が保育園に行き始めると、送り迎えにも時間がかかります。

それに子供が帰宅したらほとんど仕事が手につかなくなります。

子供がいない間に仕事をできるだけ進めておく必要があります。

朝はバタバタ、子供が帰宅してからはご飯を食べさせるなど時間がない。

よって、仕事できる時間が非常に限られます。

私は半分在宅ワークなので家事・育児に対する比重がとても大きいです。

何かあるとすぐに仕事を止めて家事をしなくてはならないので、

効率がどうしても悪くなります。

そこで考えたのが、朝の時間を活用すること。

このブログも朝の5時に書いています。

誰からも邪魔が入らないので集中できます。

家族で朝早起きして仕事をするか、夜遅くに仕事をするか検討しました。

夜遅くに仕事をしようと思ったのですが、眠くて仕事になりません・・。

結局、早起きして仕事をすることにしました。

まとまった時間を作る

雑務が多いと細切れ時間ばかりが増えて仕事に集中できません。

実際には、まとまった時間でないとできない仕事もあります。

ですから、例えば『10時から11時までは○○をする』と決めます。

時間を決めて集中して仕事をするようにしています。

最初からその日のスケージュールに組み込んでおくことがポイントです。

休む時間を作る

私も一日中家にいるわけではないです。

仕入れや打ち合わせで出かけることも多いです。

そうすると、帰ってからすることがてんこ盛り。

帰宅しても、結局全く休憩できないこともあります。

そうすると疲労困憊。

疲労は大敵なので、昼寝の時間は確保したいところです。

仕事中は交感神経が優位になっています。

それでは眠れません。

深い深呼吸をして副交感神経を優位にすることは有効です。

短い時間で集中して眠ることができます。

また、上手にサプリなどを活用するのも手ですね。

個人事業主が『疲れた』と感じたら読む記事

まとめ

ただでさえ忙しい個人事業主です。

更に家族が増えると忙しさが激増します。

でも忙しいを言い訳にしたら負け

とにかく創意工夫して時間を作らなければなりません。

為せば成る、為さねば成らぬ何事も』。

やるかやらないかはアナタ次第。

ご参考まで。

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク