自営業の廃業理由について調べました 仕事の離職理由の実情

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

自営業の廃業理由について調べました』です。

私自身も自営業です。

日本の自営業の廃業理由について以前から知りたいなと思っていました。

ネットでは自営業の廃業率が高いだの言われていますが、

どうなんだろう?と思っていました。

周囲を見渡しても、現役の自営業の人が廃業している例は少ないように感じていました。

今回はそのことについて調べてみました。

自営業主の離職理由

上記は、総務省の平成24年就業構造基本調査・資料『自営業主の離職理由』からです。

  1. 病気・高齢のため 40.4%
  2. 事業不振や先行き不安のため 12.3%
  3. 会社倒産・事業所閉鎖のため 8.1%
  4. 収入が少なかったため 6.7%
  5. 介護・看護のため 2.8%
  6. 一時的についた仕事だから 2.0%
  7. 出産・育児のため 1.7%
  8. 労働条件が悪かった 1.1%

1.病気・高齢のため

ダントツで『病気・高齢のため』が一位ですね。

予想していたよりも、経営者の高齢化による廃業が多いということです。

後継者がいない理由はいろいろ想像できますが、

ひとつは時代に合わない商品やサービスというのもあるのかなと思います。

伝統工芸などは、本来なら見直されるべき部分もあると思います。

しかし、作業に見合うだけの収入を得られるか?

というのがやはりネックなのかなと思います。

それと、やはり、若年人口の減少で次の担い手不足というのも挙げられそうです。

自営業も高齢化の波が押し寄せているということですね。

2.事業不振や先行き不安のため

自営業は日本や世界の社会情勢・景気などの影響をもろに受けやすい立場でもあります。

リーマンショックなどで大変な目にあった方も多いでしょうし、

制度が変わって大きな変革を求められることだってあります。

先行き不安を解消するには、リスクヘッジをしておくことが大事なのかなと思います。

3.会社倒産・事業所閉鎖のため

倒産や事業所の閉鎖。

大抵が借金による倒産なのかなと推測します。

どちらかと言うと、大規模な設備投資が必要な事業はリスクが高いように思います。

融資を受けて事業を拡大したけれども、

思うようにいかなかったと話はたまに聞きます。

4.その他

『収入が少ない』に関しては、やり方次第のところが大きいですね。

営業・集客がうまくいかなかったとか、

価格設定を間違えた等色々と考えられます。

個人事業主が食べていくには、売上よりも利益を重視して考える必要があります。

介護や育児に追われたというのもうなずけます。

まとめ

自営業の離職理由について調べてみました。

事業主の高齢化が一番の理由と知り、

何か対策はないものかとも思います。

若年労働人口は確実に少なくなるので、

高齢で離職された方の事業を集約・結束して、

力や規模を集中する方法はないものでしょうかね。

今後、個人的にも考えてみたいと思います。

ご参考まで

 

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク