ビジネスアイデアが煮詰まったら他人に話してブラッシュアップする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

今回のテーマは『ビジネスアイデアをブラッシュアップする』についてです。

独立・起業を考えている方や、

新しいビジネスを立ち上げようと考えている方は、

どのようにしてアイデアを考え、具現化しようとしているのでしょう?

私なら以下のような感じで、アイデアをブラッシュアップします。

ご参考にどうぞ。

人に話をしてみる

おすすめしたいのは、煮詰まったら『人に話してみる』ということです。

実際に私も、毎日のように『ああだこうだ』と沢山のアイデアを出しては、

実行しようとしています。

しかし、どうしても『いいアイデアだけどちょっと違うな』とか、

『このままだと本当に上手くいくか怪しいな』と思うことが多々あります。

そういう時に、自分だけで考えていては、

何の広がりも生まれませんし、客観的な視点が欠けているので、

アイデアとしては実はあんまりおもしろくなかったりします。

そこで、私の場合は、身近な人では、嫁だったり、兄弟に話をしてみます。

人に話をしてアイデアの整合性を取っていきます。

時には厳しいダメ出しをされることもありますが、気にしなくて良いです。

むしろ、そこでムッとするようですと、まだまだです。

人に否定されても、良い経験だと思い、

アイデアを更にまとめる作業を続けていきます。

そうするうちに、段々とアイデアに磨きがかかってきて、

自分よがりではなく、世の中の気持ちを汲み取ったカタチのアイデアに生まれ変わります。

ただ、全くビジネスに疎い人や、保守的な人に話をしても、

『暖簾に腕押し』で良い反応を得られません。

身近な人で親身に考えてくれる人を見つけて話すことをおすすめします。

(但し、保守派層の人向けのビジネスモデルなら、

そういう疎い方に話をしてみるのも大切です)

また、自分のビジネスに近い人と話をすると、

アイデアを取られてしまうこともあるかもしれません。

対策としては、自分の業種とあまり関係のない人と話をする方が良いように思います。

あまりに関連性がない人と話をすると全く理解されないということもありますので、

そのあたりはご自身で、この人ならという人を見つけられると良いと思います。

少人数の勉強会に参加する

勉強会に参加してみるのも手です。

大人数ですと、なかなか自分のことを話すことは難しいですが、少人数ならマンツーマンか数人程度の人にアイデアを話すことができるので、良くも悪くもリアクションが得られやすいです。

実は、私も『ちょいビズ勉強会』と題して毎月勉強会を開催しています。

ここでは、自営業や副業・週末起業などをやりたい人向けの勉強会を少人数で行っています。

自分のアイデアを集まった人に話して、

そこから得たフィードバックを元に、

ビジネスプランをブラッシュアップするという点において、

最適な場所だなと感じています。

アイデア出しのヒントは、まずは出たアイデアを否定せずに最後まで聴くということです。

じっくり聴いてから議論することで、アイデアの中でも特にキラリと光る部分を見つけることが可能になります。

まとめ

このように、アイデアが煮詰まったら、

人に話をしてみるということはとても良いことのように思います。

実は会話している方から、更にアイデアをもらうこともありますし、

それなら一緒にやりましょうか?ということになる場合もあります。

(その場合は、口約束ではいけません。きちんと文書化したり、

契約してやることが大切です。

また、その場は盛り上がっても全くそれから進まない場合もあります。)

また、アイデアを全否定されることもあります。

その時はグッと堪えて、いろんな考え方があるということを自分の中に取り込み、更にアイデアを具現化していけば良いと思います。

また、自分の仕事に関係する資料や本に目を通すこともアイデア具現化に役立ちます。

小資本で始められそうな個人事業・副業20個のアイデア

 

性格診断 あなたに最適な起業のタイプは?

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク