オークファンでヤフオクの落札相場を調べる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

オークファンでヤフオクの落札相場を調べる』についてです。

ヤフーオークションで副業したい方や本格的に物販をしたい方には、

「オークファン」を利用するは大変おすすめです。

というのも、売りたい商品があっても、

実際にどのくらいの金額で売れるのかがわからなければ、

どのような金額で売ればいいかや、

売れるかがさっぱりわからないからです。

オークファンはもう長いこと運営されているサイトで、

長期的にヤフオクに出品される方には欠かせないツールです。

オークファンの特徴

以下はオークファンライトについて解説しています。

  1. 型番や商品名で検索できる。
  2. 落札価格が高い順や低い順に並び替えることができる。
  3. 過去10年分の履歴を見ることができる。

1.型番や商品名で検索できる

今回は『デジカメ』というキーワードで検索してみました。

すると以下のような『デジカメに関する』落札商品・価格・日付が出てきました。

このように、キーワードで検索すると、

当月に落札された商品がずらりと表示されます。

デジカメをキーワードとした場合は1900件以上の結果が表示されました。

2.落札価格が高い順や低い順に並び替えることができる

上記のままでは埒が明かないですので、価格が高い順に並べてみます。

『落札価格』を1回クリックすると『安い順』、もう1度押すと『高い順』に並び替えることができます。

同様にして、『落札価格』の横にある『入札』ボタンを押すと、入札が多い順に並び替えることもできますし、『終了』を押すと直近に終了した取引を表示することができます。

3.過去10年分の履歴を見ることができる

この機能が一番ありがたい機能です。

上記の『10年』のボタンを押すと、

過去十年分の落札価格を見ることができます。

どうしても過去1年分の情報量では、

落札情報が出てこない場合があるので、

そういう時に『10年』ボタンを押すと、

落札された情報が沢山出てくることがあります。

その情報を元に、

自分が売ろうとしている商品がどれほどの需要があり、

どのくらいの金額で落札されているかを確認することができます。

これは大変便利です。

ただし、過去の出品商品の写真は出品者によって削除されていたり、

小さくて見えにくいという欠点もあります。

まとめ

上記では、『オークファンライト』で出来ることを簡単にまとめてみました。

オークファンライト会員(月額324円 2017年1月28日現在)

  • 型番や商品名で検索できる。
  • 落札価格が高い順や低い順に並び替えることができる。
  • 過去10年分の履歴を見ることができる。

以下、上位サービスのプレミアム版です。

プレミアム会員(月額980円 2017年1月28日現在)

オークファンプレミアム

  • ライト会員の基本的な機能
  • せどりなどに便利な一括検索や出品ツール。
  • メルカリ検索が可能。

プレミアムはスマホ・フリマアプリの『メルカリ』に対応しているのが最大の特徴ですね。

用途に応じて登録されると良いと思います。
ご参考まで。

これまで書いた記事をカテゴリー毎にまとめて探しやすくしています。こちらもどうぞ♪
ネット通販 インターネット通販を開業する際に知っておきたいこと

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク