雇われない働き方 長年の経験から長所と短所を本音で語ります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

雇われない働き方の長所と短所』についてです。

多くの方は『雇われないで暮らしていきたい!

と思っておられるのではないでしょうか?

私自身、雇われない働き方(個人事業主)を始めて15年近くになります。

正直なところ、雇われないことは良い面もあれば、悪い面もあります。

雇われないことはバラ色の人生なのか?と言われれば、

ある意味YESとも言えますが、ある意味においてはNOとも言えます。

以下に、その長所と短所について書いてみました。

起業したいと思っている方や、進路に迷っておられる方はご参考にどうぞ。

雇われない働き方の長所と短所

雇われない働き方のメリット

  1. 人間関係のストレスがあまりない
  2. 時間に融通がきく
  3. 老後もそのまま働くことができる
  4. 働き方次第では高収入も

1.人間関係のストレスがあまりない

会社員やOLさんが一番ストレスと感じているのが『人間関係』ではないでしょうか?

もちろん、人間関係の良好な会社も多いと思いますが、

上司と部下の関係などで悩んでおられる方も多いと思います。

雇われない働き方は、人間関係に関するストレスはサラリーマンの方などに比べて圧倒的に少ないと思います。

極端な話、嫌いな人は避ければ良いのである程度ストレスフリーを実現しやすいです。

ただし、嫌いなことや人を避けていては、

伸びるビジネスも伸びない恐れもあるので、バランスが大事だとも思います。

2.時間に融通がきく

サラリーマンやOLさんですと、会社の拘束時間があると思います。

雇われない働き方ですと、働く時間は自分で決めることができます。

子育てや趣味などの時間を持ちやすいというのはメリットです。

うまくやれば、ワーク・ライフ・バランスはかなり良くなると思います。

ただし、あくまでも、うまくやれればの話・・・です。

3.老後もそのまま働くことができる

サラリーマンの方ですと定年退職後に生活を維持するために、

働かなければならない場合もあるでしょう。

すぐに仕事を紹介してもらえれば良いですが、

そうでない場合は、自分で仕事を探さなければなりません。

その際に自分のやりたい仕事が見つかれば良いですが、

やりたい仕事がなければ生活のために、

嫌いな仕事をしなければならない可能性もあります。

その点、雇われない働き方をしている人なら、

そのまま今までの仕事を続けられるので、

老後からいきなり新しいことをする必要がありません。

4.働き方次第では高収入も

事業がうまくいけば、サラリーマンでは稼げないような収入を得られる可能性もあります。

沢山学んで、沢山働くことを厭わないならチャンスは十分あるかもしれないですね。

雇われない働き方のデメリット

雇われないということは、良いところもあれば、悪いところもあります。

今度はデメリットについて見ていきましょう。

  1. 自分で生活費を稼がなければならない
  2. 社会保険が国民年金では心もとない
  3. 有給休暇がない
  4. 自己管理できない人は無理

1.自分で生活費を稼がなければならない

生活するには自分で稼がなければなりません。

これは実はかなりシンドいですよ。

サラリーマンの方なら極端な話、会社に行けば給料を毎月定期的に頂けます。

雇われない働き方をしている人は、自分でお金を稼がなければなりません。

自分で安定的に毎月稼ぐというのは大変です。

ブラック企業とか社畜というような言葉をよく耳にします。

確かに長時間労働や残業代がないなど、

苦しい立場の会社員の方も多いと思います。

じゃあ、そんな会社辞めて雇われないで自分で仕事をしよう!

と思う方もおられるかもしれません。

しかし、実は雇われない働き方というのもそんなに簡単なことではありません。

一時的に事業がうまくいったとしても、

それを継続することは案外骨の折れることです。

2.社会保険が国民年金では心もとない

サラリーマンの方なら老後、

厚生年金保険もしくは共済年金を受け取れます(2階建て)。

自営業のような国民年金(一階建て)よりも年金の受給額が多くなります。

個人事業主・自営業は、老後、国民年金しか受け取れないとなると、

それだけではどうしても生活はできそうもありません。

厚生年金保険でも老後の資金をカバーするのは厳しいと言われている昨今です。

国民年金ならなおさら厳しいです。

若い時ならあまり老後のことを考えないで良いでしょう。

でも、誰でも必ず年は取ります。

その時のために貯蓄をしておかないといけません。

雇われない生き方をしているとしても、

稼いだお金は小規模企業共済や投資信託などに加入などして、

老後に備えることも大切です。

自営業がとにかくお金を稼がなければならない理由

3.有給休暇がない

個人事業主・自営業には決まった休暇の日がない場合も多いです。

個人事業主・自営業の場合、

まとまった休暇を取りたくても休むと収入が減るので、

休むのをためらうこともあります。

自己管理できない人は無理

雇われないということは、

『自分で自分を管理』することが求められます。

会社に出社しなくても良いのですから、誰も監視する人はいません。

自分に甘いとズルズルと環境に流されてしまうことも考えられます。

でもそんなにデタラメな暮らしをして生きていけるか?というとかなり厳しいのではないかと思います。

自営業は自己管理能力が必要

まとめ

上記で見てきたように、

雇われない働き方には良い面、悪い面があります。

その点を十分理解した上で、選択されると良いと思います。

おさらいです。

(雇われない働き方のメリット)

  1. 人間関係のストレスがあまりない
  2. 時間に融通がきく
  3. 老後もそのまま働くことができる
  4. 働き方次第では高収入も

(雇われない働き方のデメリット)

  1. 自分で生活費を稼がなければならない
  2. 社会保険が国民年金では心もとない
  3. 有給休暇がない
  4. 自己管理できない人は無理

雇われないことがすべての人に良いことなのかどうかわかりません。

雇われていることの方が良い部分も確かに多くあるからです。

どんな方でも、自分の人生に後悔はしたくないと思っておられるはずです。

そういう意味においても、働くことについて、よく考えられると良いと思います。

ご参考まで

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

性格診断 あなたに最適な起業のタイプは?

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク