ヤフオクの手数料は本当に高いのか?自分でネットショップを運営する場合との比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

ヤフオクの手数料は本当に高いのか?』です。

ヤフオクの手数料が『高額だ、高過ぎ』という不満を見たり聞いたりしているのですが、本当にそうなのでしょうか?

自分なりに検証してみました。

※ちなみに、私はヤフオク単体で生活できるほどの収入を得ています。

それでは検証してみましょう。

ヤフオクの手数料は高いか・安いか?

  1. まずはヤフオクの手数料(落札システム利用料)について
  2. 自分でネットショップを運営する場合の手数料

1.まずはヤフオクの手数料(落札システム利用料)について

ヤフオクの落札システム利用料は8.64%です(2017年7月下現在)。

例えば、1万円の商品が売れた場合は864円が手数料になります。

※特定カテゴリに出品する場合は料率が異なります。

その他、アフィリエイトや注目のオークションなどのオプションを加えると手数料が更に掛かります。

2.自分でネットショップを運営する場合の手数料

今回は自分でネットショップを構築できる最大手の『M社』の場合を例に取ってみました。

M社の場合は、基本的に売上に対する手数料がゼロ

つまり、1万円売れても手数料は0円ということになります。

ここまで見ると単純にM社の方が圧倒的に良いように思います。

しかし、M社も商売ですから0円で会社を運営できるわけがありません。

以下は、ヤフオクと自分でネットショップを運営する場合の比較です。

ヤフオク vs 自分でネットショップを運営する場合の比較

以下はメリットとデメリットについてです。

ヤフオク 集客:ヤフオクには絶大な知名度があり、既にお客が存在するので、自分で集客を頑張る必要がほとんどない

客層:基本的に中古市場なので、中古品を安く買いたいお客がほとんど。

支払い:銀行振込やヤフーかんたん決済など簡単に支払いできる仕組みができている。

M社

自分でネットショップを構築運営

集客:自分で1から集客しなければならない。SEOの知識や、集客のための広告費が掛かる場合がある。

客層:自分が売る商品を求める人が客層になる。ブランディングしやすい。

支払い:オンライン決済(クレジットカード払いなど)を行う場合は4%近い決済手数料が掛かる。

(ヤフオクと自分でネットショップを構築する場合の比較)

(ヤフオク)

ヤフオクの場合は、手数料の上限がある程度決まっています。

私の場合を例に取ると、常に基本手数料内で収まっています。

出品手数料(1出品あたりのコスト)も掛からないので、

実質、販売手数料だけ払えば良いだけです。

ヤフオクの場合は、集客力も圧倒的なので、

売る仕組みは出来上がっていると言えます。

(自分でネットショップ運営を運営する場合)

自社ネットショップの場合は、そもそも集客が大変で、検索上位に持っていくのが大変です。

時間を掛けてじっくり認知されたい方には向いていますが、

すぐに商品を売りたい場合は不向きのように思います。

逆に認知されてくれて、

リピーターを増やしたい場合には向いていると思います。

特定の商品を持ち、

ブランディングしたい場合は自社ネットショップを構築するのも良いと思います。

逆に言うと、ヤフオクでは顧客の属性にもよりますが、ブランディングは結構難しいかなとも思います。

まとめ

結局、ここで何が言いたかったかというとですね・・・。

自社ネットショップを運営する手間と時間を考えると、

ヤフオクの手数料は妥当だと思います。

何より、自分で集客するのって思った以上に大変なことです

これは自分でやってみるとわかります。

それがわかると、ヤフオクの手数料って高い!とは言いにくくなると思います。

もし物販でこれからガンガン売りたいという方なら、

例えば、最初はヤフオクで商品の販売のノウハウを身に着けて、

後々自社ネットショップを構築するのも良いのかなと思います。

ご参考まで。

ネット通販 インターネット通販を開業する際に知っておきたいこと

副業 サラリーマンや主婦が副業を成功させるためのヒント

在宅仕事 在宅ワークを始める・やり方や成功の秘訣

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク