自営業は請負以外の仕事を持つのがベター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。
無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

自営業は請負以外の仕事を持つのがベター』です。

ある自営業のお話です。

先日、新しい引越し先に、エアコンの取り付けを行いました。

その際に、エアコン取り付け業者に来て頂いたのですが、

なかなか気さくで親切な方でした。

その方は自営業の電気屋さんで、話をしていると、

大手量販店などから請負で仕事を頂くことが多いとのこと。

ただ、受注にムラがあり、

仕事がない時はさっぱりないと仰っていました。

腕はあるのに勿体無い話です。

大体、自営業はこのようなことが実際に多いものです。

今回は、自営業が請負以外で受注する方法について考えてみました。

請負以外の仕事を見つける方法

  1. 紙・ネットの広告を打つ
  2. ブログを活用する
  3. SNSを活用する
  4. 商工会などを活用する
  5. 人脈を拡げる

紙・ネットの広告を打つ

ご自身のやっている仕事を、

多くの人に衆知することは大事です。

いくら良い仕事をする人でも、

自分の仕事を知られていなければ意味はありません。

そのための広告です。

自営業は予算が限られている場合も多いものです。

少ない予算で、最も効果的な広告を探すようにしたいものです。

そのためには、ご自身の顧客の属性やニーズをしっかり捉え、

ニーズのある媒体に広告を打つことです。

広告媒体の言いなりになるのではなくて、

自分がベストと思う媒体に広告を出すことが大事ですね。

ブログを活用する

ブログ経由で仕事を受注できることも案外多いものです。

しかし、自営業の方々は、

記事を書くのに時間を取られるのを嫌う方も多いです。

ただ、低予算で多くの方に衆知できるブログは実はかなりおすすめです。

記事は削除しない限り検索されるので、

長い期間集客ツールとして活躍してくれます。

詳しくは、ブログを始める 初心者向けのヒントやコツをご確認下さい。

SNSを活用する

知り合いの雑貨屋さんはインスタグラムを活用しているそうです。

やり方は、『取扱い商品』を毎回インスタに投稿するだけ。

全然効果を期待していなかったそうですが、

随分遠くからお店に足を運んでくれるようになったそうです。

SNSの活用も無視できないですね。

商工会などを活用する

地域の商工会や商工会議所などを活用するのも良いと思います。

いろんな会合やイベントに参加すると知り合いが増えます。

自然と仕事に繋がることもあります。

ただし、売り一辺倒の営業を掛けると、嫌がられますし、

反対に、相手から強引な営業をかけられることもあり、

閉口することもあります。

人とは上手に付き合うように心がけたいものです。

人脈を拡げる

自分を売る売らないは別にして、

人の輪を広げておくと、

話がポッと舞い込むこともあります。

それはある意味、拍子抜けするくらい簡単に来る場合もあります。

この人は仕事とは関係がないとか思わずに、

分け隔てなく付き合うことが大事なことだろうと思います。

まとめ

請負仕事の方が、自分で営業しない分、

集客やシステム作りの点で言えば、楽ではあります。

その反面、請負仕事は、仕事に融通がきかなかったり、

収益面で物足りない部分もあるかもしれません。

仕事を取るのは簡単なことではないですが、

『自分の力で仕事を取る』という気持ちを持っておいた方が、

長期的に見ても、気持ちも、収入も安定すると思います。

ご参考まで。

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク