個人事業主には得意分野に特化したビジネスが良いと思う理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。
無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

個人事業主には得意分野に特化したビジネスが良いと思う理由』です。

ビジネスは色んなやり方があるので、一概に『これがベスト』とは言えない部分も確かにあります。

ただ、私が個人的に長年小規模な事業をやってきて、得意を武器にしている人は強いと感じています。

以下がその理由です。

得意分野に特化するメリット

  1. 仕事の効率が良くなる
  2. 人に覚えられやすい
  3. 仕事に苦がなくなる
  4. 参入障壁を作ることができる

1.仕事の効率が良くなる

得意なことに特化することで、苦手なことをやらなくなります。

すると圧倒的に仕事の効率が良くなります。

というのも、個人で仕事をする場合、どうしても時間的な制約が出てくるわけです。

24時間の中で売上を上げていかなければならないわけですが、苦手なことばかりやっていると、一向に仕事が捗りません。

あれもこれもとつまみ食いばかりしていると、どれも中途半端になってしまいます。

反対に、得意なことばかりやっていると、何の苦もなく仕事を進めることができるようになり、売上も上がりやすくなります。

2.人に覚えられやすい

次に大事なことが、得意なことをやり続けることで、人に『あの人は○○が得意だ』と認知されることです。

すると、益々仕事が増えたり、引き合いが増えるようになります。

ですから、そのような状況になるまで、自分の知識や技術を高めることが大切です。

3.仕事に苦がなくなる

得意なことをやると、仕事に苦がなくなります。

もちろん、すべてが楽しいわけではないですが、少なくとも苦しみながらやる仕事よりも数倍も楽しく仕事ができるようになります。

4.参入障壁を作ることができる

個人で仕事をやる場合、真似されることはよくあることです

簡単なことであればあるほど、人真似は簡単に出来てしまいます。

そういうレベルだと、どうしても新規参入者が増えて、利益の奪い合いになり、やがて価格だけの競争になってしまいます。

『あいつ真似しやがって』というのは、筋違いで、所詮、『真似が出来るレベルのことしかしていない』ことを認識すべきです。

しかし、得意分野にトコトン特化していくことで、他に参入できる人が少なくなり、『○○のことなら○○さん』という構図を作ることができるようになります。

すると仕事はよりスムーズになり、仕事の奪い合いを避けることができるようになります。

まとめ

できれば、少しだけ頭抜けるのではなくて、圧倒的に頭抜けることができれば最高です。

それには年月が掛かりますが、個人で生き残るには一つの指針になるのではないかと思います。

ご参考まで。

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク