ちょいビズ『個人で稼ぐ』自営業・個人事業主・副業向けブログ

ちょいビズ

副業

転職?副業?収入を増やすにはどっちがいい?あなたがどの道を進むべきかを一緒に整理してみましょう

更新日:

今回の記事はこんな人におすすめ

  • 転職すべきか、副業すべきかどちらにするかで悩んでいる人

今回のテーマは『転職?副業?どっち?あなたがどの道を進むべきかを一緒に整理してみましょう』です。

ちょいビズ
こんにちは!『ちょいビズ』です。

サラリーマンの人たちも自分で稼ぎたいという人が増えましたね。

周囲を見渡してもそんな気がします。

長い景気の低迷もあってか給料も増えないし、年金の受給年齢も上がったりで、漠然とした将来の不安を感じている人も多いのかなと思います。

ちょいビズ
たまに、私もサラリーマンの人から仕事のお悩み相談を受けることがあります。 私自身は長年自営業をやってきていて、ずっと自分で稼いできているので、「副業をしたいがこのアイデアはどうですかね?」という感じで尋ねられることが多いです

相談者は甘い考えの人もいれば、結構切羽詰まって真剣に考えている人もいます。

こちらも相談に乗った手前、真剣に考えてみるのですが、この人は本当に副業が向いているんだろうか?と思う時も多々あります。

副業をしたいと言っているけど、本当は転職の方がいいんじゃないか?という人も実際にいるんですよね。

もしかして、このページを訪れた人の中にも、「転職と副業」の狭間で揺れている人もおられるんじゃないですか?

ということで、このページでは、どういう人が副業に向いていて、反対にどういう人が転職に向いているかを具体的な例を交えながら書いてみました。

副業 vs 転職

副業を始めたいという人と話をすると、けっこう夢物語的な発想な人が多いです。

よくいるのが、「自分の手を汚さずに楽して儲かりたい人」と「土日は遊びたいけど、副業でプラス月に10万稼ぎたい」とか言うような人。

副業をやるにしても、それなりの覚悟と費用、時間がいるんですよね

副業でアルバイトするなら、その時間が必要ですし、自分でメルカリやヤフオク、アマゾンなどで物販したりするなら仕入れも必要な上に、出品したり発送したりで、それなりの時間も必要。

ブログの記事を書く代行をしたり、内職したりするにしても、そもそも時間をかけたほど儲かるかどうかもわからないというのが実情なんですよね。

サラリーマンのように安定して稼げるか?というと副業の場合はそれはないですね

アルバイトで時間を切り売りして働くなら別ですが。

アルバイトにしたって、シフト次第ではあんまり稼げない可能性もありますね。

そもそも私も含めて自営業の人なんか、朝から晩まで身を粉にして働いてようやく食っていけてる人がほとんど。

人によっては食えなくて廃業なんていうのも当たり前にあるんですけど、サラリーマンの人は自分で稼ぐということの難しさをよく理解していない人がかなり多い気がします。

本当にビジネスセンスのある人ならもしかしたら、本業よりも稼げるようになる人も中にはいるかもしれないですが、大半はそうではないんじゃないかと思います。

副業をやるくらいなら、給料の高い会社に転職するか、能力給や歩合給がある会社に入る方がよっぽどいい可能性もあると思います。

それに副業となると、やっぱり体力的な負担はかなり大きくなると思うんです。

実際に私が独立する前の数年間なんかは、副業で夜中の3時ぐらいまで働いていました。

これはまだ私が若かったからできたことで、40歳を過ぎた今ではもう無理です。。。

そこまでやる必要はないかもしれないですが、それなりに稼ごうと思えばそれくらいの覚悟は必要かもしれません。

反対に転職するにも覚悟が必要ですよね。

人生の大事な1ページをどう過ごすかで将来が決まるわけですから。

そういうことも踏まえた上で、転職の方がいい人と副業の方がいい人がどんな人なのかについて下に書いてみました。

転職をした方がいい人

転職をした方がいい人

  • 転職したら給料が大幅に上がる人
  • 土日や家族との時間を犠牲にしたくない人

転職したら給料が大幅に上がる人

正直、会社の給料が高ければ副業をする必要性もないんじゃないかと思うんですよね。

ほとんどの人は今の会社の給料に不満があるか、将来が不安で副業をしたいと考えていると思います。

でも、副業って正直しんどいですよ。私も経験ありますけど。

昼間会社で仕事をして、家に帰って副業するか、仕事帰りにどこか他の場所で副業なんていうのも、正直しんどいです。

私も20代の頃、副業を頑張りすぎて、体を壊したことがありますから。

実際にそんなことをするくらいなら、一つの会社で給料をガッツリ稼いだ方が絶対効率的です

ですから、もし転職して給料が大幅に上がる見込みのある人なら転職した方がいいんじゃないかと思います。

また営業職の場合などは、基本給+歩合給の会社もあるでしょうから、そういう会社に入ってバリバリに頑張った方が見込みがあるかもしれません。

まあ、結局のところ経験や技術を活かして、給料のいい会社に入るか、勤め先の会社で成果を上げて給料を上げてもらえるのなら、それが一番いい選択なのかもしれないと思います。

わざわざ副業で辛いおもいをするよりは、選択と集中でいく方がいいのかもしれないなと思います。

土日や家族との時間を犠牲にしたくない人

上にも書きましたが、副業って時間がないとできないです。

片手間の1時間やそこらで稼げるほど甘くありません。

副業するなら会社が終わってからも働かなくてはならないですし、休みの日も犠牲にしないといけない場合が多いと思います。

そしたら家族がいる人なんかは、家族との時間も持てない可能性も出てきます。

そうなってまで副業する覚悟はありますか?

もし、そこまでの覚悟がないなら、転職の方が絶対いいです。

休日がしっかり持てて、給料もきちんと頂ける会社を吟味して選ぶようにすれば、副業する必要もないかもしれません。

副業をした方がいい人

副業をした方がいい人

  • 転職しても先が見えている人
  • 将来的にも副業を続けたい人
  • 将来独立したい人

転職しても先が見えている人

正直、自分のキャリアでは転職しても給料はそんなに上がらないかな~と感じている人もいると思います。

特に中高年になればなるほど、もうこれ以上の地位や昇給は見込めないなと感じている人もいるんじゃないかと思います。

それに、転職して新しい職場に慣れるのも大変ですし、仕事自体は今のままで十分だけど、給料が上がる見込みがなくて、不満は収入だけという人もいるかと思います。

それなら、もう割り切って副業で頑張るのもいいのかなと思います。

将来的にも副業を続けたい人

結構いるのが、50歳、60歳から副業を始める人。

そういう人は何が不安か?って一番の不安は「老後」ですね。

私の周囲にも実際にいます。

そういう人は会社で働いている時から、既に副業をしていて、定年してからは年金の他に、副収入があるように着々と準備しています。

現役時代みたいには働かなくても、年金があるのでマイペースで働いている人が多いようです。ある意味うらやましいですね。

ただ、今の年配者はそれでいいですが、私を含めて、これから先の若い世代は年金だけで暮らすのは厳しいので、そんな悠長なことは言えないですね。

そういう面でも副業で「自分で稼ぐ力」を身につけるのもある意味いいことだと思います。

将来独立したい人

将来的に独立したいと思っている人には独立する前に副業をしておくことをおすすめしたいです。

正直、独立したいと思っても、何の実績も経験もない状態で自分で仕事を始めると「こける」可能性が高いと思います。

でも、独立する予定の職種で副業の経験をある程度積んでおけば、いきなり始めるよりはリスクも小さくなりますし、取引先などの人脈なども多少はできているはずなので、スムーズに独立できると思います。

行き当たりばったりで事業を始めるよりも、副業で少しずつ経験を積む方が安全だろうと思います。

実際に私も副業を経て、独立して15年くらいになりますが、最初はやっぱりかなり試行錯誤しました。

アルバイトが向いている人

副業は大きく「副業アルバイト」と「自分で仕事をする副業」の2つに分けられると思います。

そんな中でも、「アルバイト」がおすすめな人もいます。

それは「手堅く稼ぎたい人」です

例えば、自分で商品をメルカリなどで物を売るとなると、最初は自宅の不用品を売れば済みますが、そのうち売り物がなくなるので、どこかで仕入れをしなくてはならなくなります。

そうなると、仕入れにお金が掛かりますし、仕入れるために時間も必要になります。

また、仕入れたものを販売して、売れたら送るという感じでやると、それはそれは時間も掛かりますし、仕入れた商品が「売れない」ということもあると思います。

そういうのって結構リスクあると思いませんか?

でも、「アルバイト」ならそんなリスクもないですし、手堅く給料を頂くことができます

時間を切り売りする代わりに、キッチリお金を稼ぐなら、「アルバイト」が手堅いと思います。

給料が上がらないけど、自分で副業をするのが面倒だと感じる人は、アルバイト一択でいいと思います。

進路を決めるのに一番大事なこと

一番大事なことは、自分がどこに向かいたいのかを知ることです。

人生の軸をどこに定めるかというのがとても大事だと思います。

私自身を例にしてみますね。

私は個人事業主(自営業)として15年近く自分で働いていますが、正直商売を大きくしようという気はなく、家族を優先しています。

自営業の割に安定志向で、労働時間はそれなりに多いけれども、自宅にいる時間も多いので、家族との時間はかなり取れている方です

商売を大きくしようと思えば、借入をして人を雇ってガンガン攻めることもできるとは思いますが、そうしてしまうと、家族との時間を犠牲にしてしまいます。

資金面で失敗してしまうと、人生そのものがパーになりかねません。

なので、もっと勝負したいという気持ちもないわけではないですが、ある程度セーブしながら時間と収入のバランスを取りながら生きているといった感じです。

そういう面からしても、私は自営業をしている割には「家族中心の安定志向」だと言えます。

ちょいビズ
皆さんはどんな人生を歩みたいですか?

ガッツリ稼いでおいしいものを食べて、沢山贅沢したい人はガンガン攻める方がいいでしょうし、家族を最優先にするなら、少し仕事をセーブしながら働くのがいいかもしれないです。

百人いたら百通りのやり方があるのかなと思います。

いずれにしても、自分自身の気持ちとしっかり向き合いながら人生の選択をすることが一番大事なことだろうと思います

副業vs転職まとめ

  自分で稼ぐ副業 アルバイトで稼ぐ 転職で稼ぐ
メリット
  • 収入が増える
  • 個人で稼ぐ力が身につく
  • 将来的に独立できる可能性も開ける
  • 収入が増える
  • 安定的に稼げる
  • 時間に融通がききやすい
  • 収入が増える可能性がある
  • 集中して働ける
デメリット
  • 時間が必要
  • 稼げるかどうかは自分次第
  • 家族との時間が減る
  • 時間の切り売り
  • 個人で稼ぐ力は身につかない
  • 家族との時間が減る
  • 新しい環境に慣れるのが大変
  • 個人で稼ぐ力は身につかない
  • 会社に入ってみないと実情がわからない面もある
課題と対策 自分で稼ぐとなると、とにかく時間との戦いになると思った方がいいです。
それに時間をかけたからと言って稼げるかどうかは自分次第ということになります。

アルバイトも会社が終わってからやるとなると、体力的に厳しくなります。
体調管理と時間の管理をしっかりした方がいいですね。

バイト先は移動距離が短い方が長く続けられると思います。

自分の希望の収入や条件に合う企業が見つかるかどうかが一番大切で、安易な気持ちで転職するのは避けたいところですね。
参考リンク 小資本で始められそうな個人事業・副業20個のアイデア

単発バイト

 

 

あわせて読みたい


自営業の資金繰りの問題を解決して事業を継続する低リスクな方法

自営業の『資金繰り』って大変ですよね。 私も小さいながらも、10年以上個人事業を続けているので、痛いほどわかります。 独立当初は、少ない元手で右も左もわからずにがむしゃらにやってきましたが、ふと10年 ...


自営業のクレジットカードは1枚にまとめることが重要 個人事業主におすすめのカードとは?

ちょいビズこんにちは!『ちょいビズ』です。 今回のテーマは『クレジットカードは1枚にまとめる 個人事業主におすすめのカード』です。 最初から結論 事業用クレジットカードは1枚にまとめた方がいいですよ。 ...


「どんなときもwifi」外出先でもデータ通信制限なく使えるので契約してみた。感想や気になる点も。

ちょいビズこんにちは!ちょいビズです。 2019年7月に『どんなときもwifi』に契約しました。 どんなときもwifiというのは、株式会社グッド・ラックという会社が提供する「モバイルWiFi」です。 ...


個人事業主や自営業が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

ちょいビズこんにちは!ちょいビズです。 私自身、自営業として仕事をして15年ほどになります。 個人で稼ぎ続けて生きるってなかなかタフなことですね。 自営業はただ稼ぐだけではなくて、資金繰りや時間の管理 ...

-副業

Copyright© ちょいビズ , 2019 All Rights Reserved.