個人事業主・自営業 仕事

ビジネスは数字ばかり追わない

商売なので、儲からないといけないのは確かですね。

でも、数字ばかり求めるってどうなのかな?と常々思います。

特に長い目で見ると、数字ばかり追いかけるのは良いことばかりではないかなと思います。

ちょいビズ
私も長いこと商売をしていますが、個人的には、数字ばかり求めないようにしています。私も商売を始めた頃は数字ばかりでしたけどね・・・。今回は、なぜ私が数字ばかり追わないようにしているかについて書いてみました。

数字ばかり追うとどうなるか

お客さんが求めているものを見失う

商売というのは、お客さんが求めているものを提供して、初めてお金を頂けるものだと思います。

結構多いのが、自分がお金を稼ぐために、相手に押し売りまがいのやり方で商品やサービスを売ろうとする人。

中には、どんなことをしてでもお金を手に入れようとする人さえいます。

これは、自分が数字(お金)を求めるがために起こることで、相手のことは見えていないということですね。利己的とも言えますね。

ちょいビズ
お客さんが求めているものを見失うのは商売にとって致命的とさえ言えるのではないかと思います。
商売は相手の立場を考えること

個人的にはお客様は神様だというのは行き過ぎと思いますが、少なくとも相手の立場を考えないと商売は成り立たないと感じます。 私も長いこと自営業をしてきましたが、相手の意向を無視したり、ゴリ押しの商売は長い ...

続きを見る

信用されにくい

数字ばかり求めると、相手(お客さん)をないがしろにしがちになり、自分のことばかり押し付けがちになりやすいです。

そうすると、お客さんには不信感を抱かれやすくなります。

商売自体はちゃんと回っているように見えて、そうじゃないケースも多いように思います。

信用されないということは、機会損失しやすくなるということでもあるかもしれません。

ちょいビズ
商売は信用第一ですね。

近視眼的になる

数字ばかり求めると、近視眼的になりやすいです。

近視眼的というのは、近くのことしか見ずに、遠くのことを見ないということです。

先の事を考えずに、今さえ良ければそれで良いというような状況です。

長期的な視点でビジネスを見ていないので、いつもその場しのぎになりやすいと思います。

ある意味、ギャンブル的な発想をしやすいとも言えるかもしれないですね。

また、目先のことしか考えないと、実力もつきにくいかもしれないですね。

商売は長丁場なので、長い目で見ることが必要ですね。

コツコツ積み上げ型商売で仕事を長く継続する

ビジネスで一気にガッツリ儲かってやろう。一獲千金を狙おうという人もおられると思います。 それはそれで良いと思います。そういう野望を持つことが一概に悪いとは言いません。 しかし、地味ですが、案外コツコツ ...

続きを見る

まとめ

もちろん、生活や会社を存続させていくためには利益を出していくことは大事ですが、数字ばかりを追ってしまうと、大事なことを見失う恐れがあるのかなと思います。

個人的には、数字は気にしつつも、どうしたらお客さんが喜ぶサービスや商品を提供できるかを必死で考えることなのかなと思います。

ちょいビズ
筆者紹介
☆CHOIBIZ(ちょいビズ)
40代 自営業歴 約20年
ほとんど会社に雇われずに、ゆるく楽しく(時に苦しく・・)、自活してきました。
そんな経験をもとに、会社や組織に依存せずに独立した生き方をしたい方向けに仕事の考え方や学び・勉強に関することなど、個人的に考えたことを中心に書いています。
哲学・歴史・美術を中心に人生の学び直し中。
海外一人旅や海外移住(3年半)も経験。
趣味:テニス
ツイッターをフォロー
※ちょいビズとは「ちょっとしたビジネス」という意味の自作造語です。

-個人事業主・自営業, 仕事

© 2021 ちょいビズ