小規模事業者の年齢別の売上高の傾向と対策について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは『小規模事業者の年齢別の売上高』について考えたことです。

私自身が自営業歴15年ぐらいです。

総務省の2016年版小規模企業白書を眺めていました。

その中に小規模事業者の未来という項目があるのですが、

そのページを読んでいると、以下のような図を見つけました。

上の表は直近3年間の経営者の年代別売上高の傾向です。

30歳から40歳未満の経営者の売上高の上昇が圧倒的に大きい印象です。

全体を見ると『増加』もしくは『横ばい』が70%近くを締めているものの、

年を取るに連れて売上が減少傾向にあるというのは、

個人的には危惧すべきことなのかなと感じています。

というのも、私は今40代ですが、

むしろこれから売上を上げていこうと思っているので、

データには負けていられないなというのが本音です。

そこで私が考える売上アップの秘策を少しお話します。

年齢に負けない売上アップの秘策

  1. ITを効果的に活用する
  2. 横の繋がり力を強める
  3. 専門性を深める

1.ITを効果的に活用する

私の場合は昔からITをやっているので良いのですが、

他の同年代(40代)の経営者を見ると、なかなかITを活用できていないか、

中途半端な活用しかできていない場合が多いように思います。

また、上記とは別のデータを見ると『商圏』に関しても若い世代の方が広い傾向にあります。

その理由もITの宣伝面での活用が関係しているのかなと思います。

ある意味、1970年代生まれ以前の人は、

ITに触れた時期が社会人になってからと比較的遅く、

そういう理由で活用しきれていないという現実もあるのかなと思います。

上記はあくまで憶測ですが、体感的にはそう感じます。

これからはそういう面を出来る人が補完していくことが課題なのかなと感じます。

2.横の繋がり力を強める

個人事業主や自営業の場合は、

自分で自分の仕事を完結する場合が非常に多いように思います。

それでも何とかなるのですが、それだと拡がりがありません。

自分の知らない情報などを異業種の人が知っている場合も多いため、

異業種の人と交流することで仕事に幅が広がる可能性が高まります。

そういう面ではこれからの働き方として自己完結型ではなくて、

他者共有型が良いのではないかと思います。

3.専門性を深める

専門分野を横に拡げるのも良いですが、

更に深く掘り下げることも重要なのかなと思います。

広く浅くという人は案外多いように思いますが、

狭く深くという人はそんなに多くないように思います。

ですので、仕事に関してはリスクヘッジをしながらも、

時間を掛けて深く掘る道を見つけてみるのも良いのかなと思います。

いろんなやり方があると思いますが、急がば回れとも言いますし、

『時間を掛ける』ことも大事なことかなと思います。

まとめ

個人的には私が50代、60代になっても、

更にもっと年を取っても稼げる人でいたいという想いがあります。

ですのでデータに惑わされることなく、積み上げていきたいという気持ちです。

それは皆さんも同じ想いだろうと思いますので、頑張っていきましょう。

今回のおさらいです。

  1. ITを効果的に活用する
  2. 横の繋がり力を強める
  3. 専門性を深める

ご参考まで。

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク