新しい事業の立ち上げ 専門家のアドバイスを受けるべきかどうか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

今回のテーマは、

新規事業の立ち上げとアドバイス』について考えました。

新規事業と言うと大げさですが、

最近、私なりの新たな取り組みを始めました。

傍から見たらそんなに大きなことではないですが、

自分自身にとっては、今後の将来にとって大きな出来事です。

新規事業について、先日から、

コンサルタントの方などを交えて何度も議論を重ねてきました。

以下、専門家からアドバイスを頂くことのメリットなどについて書いてみました。

専門家からアドバイスを受けるということ

中小企業診断士の方などのビジネスの専門家の助言はとても有用だと思います。

時に、とても厳しい言葉もありますが、

それこそまさに、良い薬になることが多いです。

コンサルティングの先生という人を嫌う人もいるかと思いますが、

やっぱり伊達に長年仕事にしていないなと感じます。

中小企業診断士のような方は、

多くの事業の事例を見てきているので、鳥瞰図的に物事をみることができます。

自分では『これはいける!』と思っても、

先生方からすれば、そんなの当然のことで片付かられてしまうことも多くあるようです。

すべてを真に受けない

上記のように、コンサルタントの人の意見を受け入れることはとても大切なことです。

でも、助言のすべてを真に受けてしまうと、

自分で考えていたことではなくて、相手の思うことをやっているだけになります。

自分の核となるものは残しつつ、

アドバイスを取り入れる柔軟な姿勢が必要なのかなと思います。

アドバイスに右往左往して、

結局何をやりたかったかを忘れるようなことは絶対に避けたいものです。

アドバイスだけで終わらせる人

また、周囲には、気軽にアドバイスをしてくれる人は沢山います。

でも、正直、アドバイスなら誰でもできるというのも本音です。

口で言うのはたやすいことです。

でも、実現するための道筋まできちんと立ててくれる人でないと、

100%の信用はできません。

アドバイスと称して、自分のアイデアに悦に浸る人や、

言いっぱなしで後のフォローのない人、説教だけで終わる人は難しいですね。

まとめ

新しい事業のために、専門家の方から多くのアドバイスを頂きました。

自分だけでビジネスモデルを考えるのと、

他人の意見を取り入れながら考えをまとめていくのとでは、

随分と違うなと感じました。

どこが違うかと言うと、

特に、客観的な意見を聴くことが出来ることですね。

それにより、自分では気がつけない問題点にも気づけるからです。

もし新規でビジネスを考えている方がおられるなら、

自分だけで考えるのではなくて、

周囲の意見(できれば専門家)を交えて話し合いをした方が良いと思います。

そうすれば、自分の強みも再確認できますし、

また、始める前から、道筋がある程度見えてくると思います。

ご参考まで。

性格診断 あなたに最適な起業のタイプは?

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク