個人が自分で仕事を作る方法 必ずやっておきたいこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

個人が自分で仕事を作る方法 必ずやっておきたいこと』です。

私は個人事業主として、10年以上仕事しています。

最初から仕事があったわけではありませんし、

どこからか勝手に沸いてきたわけでもありません。

自分で仕事を作ってきました。

どんな仕事なら生活できるか真剣に考えて、

今の仕事のスタイルに落ち着いています。

ただ、それに安穏とはしていられないので、

状況に合わせて変化するようにしています。

仕事は実は、『誰にでも作れる』と思います。

私のように大した能力のあるわけでもない人がやれているのですから、

他の人でもできるはずです。

もちろん、最初から上手くいくわけでもないですし、

最初はかなりの確率で失敗します。

でも、諦めたらそれで思考停止になり、『ジ・エンド』。

仕事は作ろうと思えば、

実は幾らでも作れるものだと思います

(できるかできないか・実現可能かどうかは別として)。

ニーズを知る・掘り起こす

以下は、これまで私がやってきた『仕事の作り方』について書いてみました。

  1. ニーズの多さを把握する。
  2. ニーズをもとにサービスを作る。
  3. 知ってもらうことができるかどうかが鍵。
  4. 生活するのに十分な利益が上がるかどうか。
  5. 資格について。
  6. ビジネス本を読むことについて。

人の話を真剣に聴いていると、仕事を作り出す様々なヒントを得ることができます。

結局は、『人のニーズのあるところに仕事あり』で、いくら自分で良いサービスだと思っていても、人に受け入れられないサービスは仕事ではなく、趣味になってしまいます。

ニーズを把握するには、注意深く人の話を聞く事が不可欠ではないかと思います。

また、インターネットの世の中なので、ネットでニーズを把握することもとても大事です。

何にせよ、自分よがりのサービスにならないことが肝心です。

1.ニーズの多さを把握する

ニーズはあっても、そのニーズの母数がどれくらいあるかも大事。

ビジネスとして成り立たない程度の数しかないのであれば、

仕事としてはやっていくのは厳しいかもしれません。

また、どうしても時代の流れ、移り変わりというものはあるものです。

以前はニーズがあっても、今は廃れてしまったものって山のようにあるはずです。

ニーズが少くても利益が十分に上げられるのであれば、

それはそれで良いと思います。

ただし、ニーズが少くても利益の上がる仕事でも、

他に参入者が現れたら利益が減ることに繋がりかねないので、

注意しなければならないです。

2.ニーズをもとにサービスを作る

多くの人はニーズを考えずに、自分がやりたいことを仕事にしようとします。

でも、それではいずれ仕事として成り立たないことがわかります。

ニーズがマッチしていないのですから、

誰も見向きもしてくれるわけがないです。

これは初めて自分で仕事を始める人がほとんど通る道かもしれないです。

この辺は世知辛いと感じますが、仕方がないです。

自分では『こんなに良いものなのに・・・』と思っても、

世に受け入れられないのはある意味仕方のないことです。

そのようなこだわりは捨てて次に進むしかありません。

自分の提供するサービスのニーズがやってくるまで辛抱強く待てますか?

資金力がある人ならいいですが、ほとんどはそうじゃない状況だと思います。

そのうち、資金がショートして続けられない状況に陥ります。

ニーズをしっかりつかんだら、

そのニーズに沿ったサービスを提供するように心がければ、

少なくとも大コケはしないはずです。

ただし、ニーズも経済情勢などで何年変わってくるので、

それに合わせて自分も変化して行かなければなりません。

知ってもらうことができるかどうかが鍵

どうしても避けられないのが、商品やサービスを知ってもらうこと。

いくらニーズにマッチした商品やサービスを開発しても、

世に知られなかったら何の役にも立ちません。

告知できる手段はもちろん、ニーズにあった層に直接アプローチできる手段を持たないと成功はおぼつかないですね。

個人的におすすめなのは、ブログで自分のことを知ってもらうところからスタートすると良いと思います。

特に自営業の方や個人で仕事をしている方にはおすすめです。

生活するのに十分な利益が上がるかどうか

ニーズをつかんで商品やサービスを提供できるようになっても、

きちんと利益を上げて、生活できるかどうかは別問題です。

生活には様々な費用が発生するので、コストもよく考えておかなくてはなりません。

また、仕事をするにもいろんな経費がかかるので、

簡単に売上イコール利益とはならないです。

むしろ自分の人件費や経費を差し引いたら、

よっぽどサラリーマンとして働いた方が良いんじゃないか?

ということも実際にあります。

ですので、売上だけでなく、利益の計算もしっかり行い、

少なくとも生活できるレベルに利益を持って行かなければなりません。

貧すれば鈍する』というように、きちんと利益を出して生活できるようにしないと、何のためにやっているのかわからないということになりかねません。

資格について

資格があれば、多少幅は広がるかもしれないです。

でも、資格がないから仕事が作れないかと言えば、実はそうではないです。

実際に、私も資格と言えば、自動車の運転免許の資格しか持っていません(笑)

『資格を活かして』と言うと、さも資格が活かされるような感じがします。

でも資格を活かした時点で、

その他の可能性を犠牲にしていることもあるかもしれません。

もちろん、資格がないとできない仕事に従事する人は、

資格を取らないとそのスタートラインにさえ立てません。

当然取得すべきですが、そうじゃない人が資格を取得する必要があるかは疑問です。

もちろん、資格取得するためには、

かなりの勉強をしなければならないので、

無理矢理にでも自分を追い込む手段としても良いことだと思います。

また、資格の勉強をすることで、

その分野の知識を習得できるのも確かに大きいことだと思います。

でも、資格がなくても仕事はいくらでも作れるということだけは確かです。

実際に私がそういうやり方でした。

頭から、資格ということを考えるよりも、

むしろ、お客さんにどのようなサービスを提供できるかを真剣に考えることからスタートする方が良いように思います。

ビジネス本を読むこと

私も随分ビジネス本を読みました。

『成功する○○』などいろいろ読みましたが、役に立った本はほんの一握りですね。

私もアホだから、毎日1冊本を読むことを1年間続けたこともあります。

で、そんなに本を読んで成功したか?

と聞かれたら、『ん~?』となってしまいます。

何とか自営業として10年以上生きながらえていますが、

成功という言葉とはまだまだ程遠い気がします。

ビジネス書を読んだからといって、うまくいくか何ていうのは全く別物ですね。

まあ、沢山の本を読まなかったら、その良し悪しもわからないままだっただろうから、それはそれでいいのですが。

ビジネス書を全く読まなくなった今の方がよっぽど自由は発想もできるし、うまくいっているように思います。

でも、確かに良い本もあるので、そういう良書を何度も繰り返し読むほうが良いかなと思います。

良書を見つけるには、やはり数をこなさないといけないので、やっぱり多読も時には必要なのかもしれないですね。

ただ、本ばかり読んで頭でっかちになるよりも、自分の中にあるアイデアを絞り出して体現していく方がスモールビジネスの場合は良いように思います。

ビジネス書は、大きな企業にサラリーマンとして勤めている人に向いている本と、

個人事業主の方に向いている本とがあります。

その辺も注意しながら読んだ方が良いように思います。

いずれにしても、ビジネス書を沢山読んだからうまくいくかどうかは、別問題。

それ以上にどれくらい自分で真剣に考え、

行動に移しているかの方がよっぽど大事だと思います。

ビジネス書も良いですが、

個人的には歴史の本や古典に触れることの方が良いように思います。

まとめ

アップルの創業者スティーブ・ジョブズような世の中を変えるほどの発明ができる人なら、発想力で勝負して良いと思います。

しかし、一般的な人がスモールビジネスをやる場合は、

徹底的にニーズを知ることが重要です。

ある意味、ニーズさえつかめれば、

後はそれをどのように提供するかだけなので、話が早いです。

逆に言うと、ニーズがわからないまま闇雲に仕事をしていても、

一向に成果が上がらないということにも繋がりかねません

(もちろんそうじゃないこともありますが)。

自分で仕事を作るには、『ニーズを把握』してみると良いのかなと思います。

ご参考まで。

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク