個人事業主はどのようにすれば生産性を向上できるかを考えてみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。
無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

個人事業主はどのようにすれば生産性を向上できるかを考えてみました』です。

個人事業主はその名の通り、個人で事業をしている人です。

そんな個人事業主が重視しているのは、費やした時間に対する成果・見返りではないでしょうか?

いくら働いても何か『効率が悪い』とか、『あくせくしている』、『全然豊かになっていない』と感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は、『個人事業主と生産性』について考えてみました。

個人事業主が生産性をアップするには

  1. 勝利の方程式、やり方を確立する
  2. お金で時間を買うことも必要
  3. クレームを極力回避する仕組みを作る
  4. 客単価をアップする
  5. やらないことを決める
  6. 得意分野を作り参入障壁を作る
  7. 横に少しだけ広げる

勝利の方程式、やり方を確立する

『勝利の方程式』

『これをやればうまくいく』というスタイルが確立していれば、仕事に関して右往左往する必要がなくなります。

反対にいつも仕事のやり方が違うと、体がいくらあっても足りませんし、だんだんしんどくなります。

顧客によって、望むものが違う場合が多いのは確かです。

でも、毎回相手の要望に対応してやり方を変えていては、休む間もなくなってしまいます。

ですから、できるだけ、定型のやり方を確立しておいて、状況に合わせて少しだけ柔軟に対応するというようにしていれば、大きなブレもなくなり、仕事もやりやすくなり、気分的も楽になります。

ただし、一つのやり方に固執するのも問題で、社会の変化や状況に合わせて自分のやり方を変えることも大事なことだと思います。

お金で時間を買うことも必要

効率アップのために、お金を使うことも大事なことです。

極力お金を使わずに商売をした方が確かに利益率は高まります。

でも、個人事業主は一人ビジネスです。

時間が圧倒的に足りないケースが多いです。

休みなく働いている方も多いはず。

そんな時は、効率アップのためにお金を使うことも大切です。

例えば、パソコンを高スペックに買い替えて仕事の効率を上げたり、車での移動時間を短縮するために、信号機の多い国道を使わずに高速道路を使ったり。

節約するところは目一杯節約して、ここぞという時にお金を使うことは大事なことだろうと思います。

ストレスや体の疲れ、時間の浪費を極力なくすように心がけることも大事なことです。

仕事のパフォーマンスを上げることに注力することも、生産性の向上には大切なことだと思います。

クレームを極力回避する仕組みを作る

一人仕事をしていて厄介なのがクレーム対応。

せっかく真面目に仕事をしても、クレームに対応しなければならない時間が増えると、仕事の効果が上がりません。

クレームの対処だけで一日が過ぎるなんてバカバカしい話です。

ですから、できる限りクレームの起こらないやり方を考えていくことは重要です。

クレームの原因が何なのかを突き止め、その原因を潰していくことが大切です。

書面やホームページ、口頭で予めクレームにならないように釘を指しておくことも大事なことです。

また、何度も同じクレームを受けるようなら、その仕事をしない方が良いとも言えます。

クレーム対応の従業員がいるならまだしも、一人ビジネスでそこまでやらなければならないとなると、正直、身も心もズタズタになってしまいます。

客単価をアップする

生産性の向上で大事なことの一つは、客単価を上げることです。

沢山仕事を取ったり、沢山商品を販売したとしても、単価が低いと、仕事量が増える一方で、まさしく『働けど我が暮らし楽にならず』になってしまいます。

付加価値を見つけて、10円を倍の20円にする努力が生産性の向上には欠かせません。

やらないことを決める

個人事業主の場合、やろうと思えば、いろんな仕事をすることは可能です。

探せば、大小様々な仕事があるものです。

でも、選び方次第では、自分自身を苦しめることがあります。

簡単な仕事だからと請けてみると、実際には簡単ではない場合も多いです。

また、何でもやろうとすると『やるべきことに集中できない』問題にも直面します。

俺(私)は何のために仕事しているんだろう?とならないためにも、自分の基準を明確にしておくことも大事なことです。

得意分野を作り参入障壁を作る

他人が容易に真似できない得意分野を作ると、参入障壁を作ることができます。

簡単に言えば、『自分以外の人ができないこと』を作っていくことです。

近年ではAI(人工知能)が人の仕事を奪うという話もありますが、人にもAIにも簡単には真似出来ない仕事をやっていれば、仕事は幾らでも作り出せると思います。

それが生産性の向上に繋がっていきます。

横に少しだけ広げる

個人事業主は、一つのことばかりやっていて食っていけるほど甘くない場面に出くわすことがあります。

そんな時は、今やっている自分の仕事を少しだけずらして横に広げてみると、仕事の可能性が増える場合があります。

横に広げると言っても、何でもかんでもやれることをやるのとは違い、基本となる仕事と限りなく関連性の近い仕事を少しだけやるだけです。

そうすることで、軸をぶらすことなく、安定して仕事ができるようになります。

生産性を高めるためには、『自分の持ち場から離れない』のも大事なことです。

まとめ

個人事業主の生産性の向上について考えてきました。

上記がすべてでもありませんが、個人的に意識してやっていることを列挙してみました。

個人事業主が細く長く食べていけるためのヒントとお考え下さい。

ご参考まで。

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク