自営業とリスクヘッジについて 6つの考え方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

今回のテーマは、

自営業とリスクヘッジ』についてです。

自営業のリスクはどんなところにあるのでしょうか?

私も10年以上自営業を続けてきましたが、

色々とリスクヘッジが下手で失敗したこともありました。

そんな経験を踏まえて、今では多少はリスクヘッジのやり方は上手くなったように思います。

個人的に編み出した自営業のリスクとその回避方法について書いてみました。

自営業のリスク回避について

  1. 同じ状況が続くとは限らないことを覚えておく。
  2. 取扱い商品やサービスを分散する。
  3. 新しいことを試してみる。
  4. 人の輪を拡げておく。
  5. 販路を拡げておく。
  6. お客様の声を聴く。

1.同じ状況が続くとは限らないことを覚えておく

世の中は日々変化しています。

昨日良く売れていた商品やサービスが明日には何かの理由で急に売れなくなることもあります。

社会や世界の情勢などで取引に規制が掛かったり、

制度が変わったりして利益が目減りしたりと色んなことが起こります。

『経済は生き物』だと言われる所以ですね。

でも、残念ながら社会の所為(せい)にすることはできません。

ビジネスをしていると、そういうことが起こりうるということを頭に入れておくだけでも全然違います。

急に起きたトラブルや予期せぬ出来事に慌てて対処するよりも、

気持ちの準備だけはしておいた方が良いように思います。

2.取扱い商品やサービスを分散する

例えば、取扱い商品Aの売上が全体の売上の90%を占めている場合、

急に商品が売れなくなったり、仕入れができなくなったりした場合、

仕事にとてつもない大打撃を受けることになりかねません。

当然、売上も急落することになり、生活さえ立ち行かなくなる可能性もあります。

このような予測が難しい変化の際のために、

取扱い商品やサービスの売上全体の比率を少し変えておく方が良いです。

一つの籠にすべての卵を盛らないことですね。

一つが駄目でも、他の幾つかの商品の利益で何とか食べていけるようにしておきたいものですね。

3.新しいことを試してみる

新しことを試してみることもおすすめです。

すぐに製品化しないとしても、いろんなことを試してみることは、

可能性を拡げるという点においても良いことだと思います。

ゆとりのない時に新しいことを始めるのは難しいため、

業績が良い時から少しずつ時間を作って、

新しいチャレンジをしてみるのも仕事にプラスになると思います。

また心の余裕にも繋がります。

4.人の輪を拡げておく

何気なく付き合っている人の中にも多くのビジネスのヒントはあるものです。

仕事とは関係ないから付き合わないなんていう了見の狭い考え方ではいけません。

日頃からどんな人とも楽しく付き合っていると何らかのアイデアを頂いたり、何かの時に助けられることも多々あります。

損得関係なく人の輪を広げることが大事です。

敵を作らず、仲間を増やしたいものですね。

5.販路を拡げておく

商売において、販路があるかないかというのは非常に大きな差が出ます。

買ってくれる人を知っているか知らないかだけも違ってきます。

販路がないと良い商品やサービスを持っていても宝の持ち腐れになってしまいます。

ですので、日頃から販路を増やす努力は続けておきたいものです。

6.お客様の声を聴く

商売はお客様が求めるものを提供することで成り立ちます。

お客さんのニーズを知るにはやはり生の声を聴くことが一番です。

何気ない会話の中からニーズを組み込み、

商品やサービスに反映させていくことが重要ですね。

逆に誰の意見も聴かなくなったら危ないとも言えますね。

まとめ

どんな商売にもリスクはあります。

リスクがあることを自覚して回避方法を考えておけば、

ある程度リスクは回避できると思います。

ご参考まで。

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク