物販で細く長く稼ぎたいなら誰も参入しないニッチ商品がおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

物販で細く長く稼ぎたいなら誰もやらないニッチ商品(すき間)がおすすめ』です。

私自身も『物販』をやっています。

私は独立当初は物販をやる予定は全くなかったのですが、

急に本業の業績が悪化したのを機に、インターネット通販を始めました。

物販のいいところは、基本的に現金収入であること。

10数年間も安定的に収入を上げられているのは、物販のおかげです。

このページでは、個人や小さな会社が物販で稼ぐために考えておきたいことを書いてみました。

ニッチ商品を勧める理由

王道の商品で儲かりたいという方は、

もちろん、その道でガッツリ稼ぐのも良いと思います。

ただ、王道を進む場合は、

実は競合が多く、しかも強いというのが実情です。

競合が多いということは、価格競争に晒されやすく、

価格を下げてしか競争に勝てなくなるという悪循環が起きやすいです。

特に、インターネットで通販をする場合は、

価格の比較が容易にできるため、本当に大変です。

最後は価格だけの勝負になってしまいます。

また、たとえ高額で商品を売ることが出来たとしても、

仕入れ代金が高くて実は大して儲かっていないということも起きがちです。

こういう市場では、事業規模が大きければ大きいほど勝ちやすいという、

パワーゲームになりがちです。

ニッチを攻める

私のような個人事業主は資金力も乏しく、

到底そのような厳しい土俵では戦えません。

そういう理由で、私はあえてそのような

レッドオーシャン(競争の激しい市場)』で戦うのを避けています。

血みどろの戦いを全力で避けています。

ブルーオーシャン(競合相手のいない市場)

にポジショニングすることで、戦わないで悠々と勝つように心がけています。

ブルーオーシャンは青い海という語源が表すように、

緩やかな波の上でゆったりとした平和な時間を過ごしているというようなイメージです。

私のような弱小零細企業(個人)でも生きていけるのがニッチ市場の良いところです。

戦うのがあまり好きではない私のような者にとってはありがたい場所です。

また、十分な利益も確保できます。

ただ、利益が大きくない分、数をこなさなければならないという問題もあります。

だから、大手は参入しないというのもあると思います。

ただ、ブルーオーシャンと言っても、儲かると分かってくると、

少しずつ他者も入ってきて、やがて安穏としていられない状況になることもあります。

そんな時のために、また新たな市場を開拓しておく必要もあります。

商売というのは、今が良いからといって安心できるものではありませんね。

まとめ

もし御社、もしくは個人の事業規模がさほど大きくなく、

資金力に不安があるなら、ニッチを攻めることをおすすめします。

今はニッチでも市場規模が大きくなる可能性がある分野を選べば、

今後大きく稼ぐこともできるのではないかと思います。

ご参考まで。

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

副業 サラリーマンや主婦が副業を成功させるためのヒント

在宅仕事 在宅ワークを始める・やり方や成功の秘訣

ネット通販 インターネット通販を開業する際に知っておきたいこと

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク