個人事業主の働き方 ニーズとやりたいことを合致させる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

今回のテーマは、

ニーズとやりたいことを合致させる』ことについて考えてみました。

私自身も個人事業主として、どのように働けばいいのかを、

10年以上経った今でも、いまだに模索しながら前進しています。

やりたいことを完全に具現化するというのは正直難しいです。

ただ、自分のやりたいことをしながら、

収入を得るというのはあながちできないとも言えないです。

特に今の世の中なら。

好きなこと・やりたいことを仕事にする』ことは、個人事業主ならではの特権ではないかと思います。

サラリーマンではこうはいかなと思います。

気をつけておかないといけないこともあるように思います。

それは『やりたいこととニーズを合致させる作業』です。

単にやりたいことがあるからと、会社を辞めて(脱サラ)して、

『やりたいこと』が上手くいくか?というと、そうでもないように思います。

『ニーズ』がないと『やりたいこと』はできない

『ニーズ』がないと『やりたいこと』をすることは実現が難しいです。

それで食べていけるほどの需要ががあるかどうかということ。

『食べない』のなら、それは残念ながら『趣味』の領域からは脱することができないです。

仕事を始める前に、予めどれくらいのニーズがあるかを色んな情報源から探ることがとても大切です。

『多分あるだろう』では甘くて、

『実際に存在する』と確信してから動かないと失敗の確率は高まってしまいます。

『ニーズ』はあっても『競合がいる』ことも忘れない

ニーズがあることはわかってもそれだけでは、

バラ色の人生とはいかないのがビジネスの世界。

大抵は、すでに競合するライバルがいたり、

もしくは完全に強豪が市場を抑えていたりします。

そんな中にいきなり飛び込んでも正直すぐに勝つことは難しいです。

たまには仕事は取れても、コンスタントに仕事を取れるかと言えば、難しいと言えるかもしれません。

これはやれる!と思っても安心せず、更に調査を進めていくことも大切です。

競合との住み分けをする

競合がいることはわかっても、

そのまま戦っていては、自分が苦しくなってしまいます。

上手に競合他社と住み分けするようにした方が共存しやすいです。

同じ土俵で戦っても、価格を安くしたりした対抗しなければならないと、利益が目減りしてしまい、売上はあっても利益は少ないということになりかねません。

そういう意味でも、競合他社とはガチンコで戦わず、

少し戦い方を変えることも重要です。

最初は小さく、知識や経験を深める

最初からドカンとお金を掛けて大きくやる人もいると思います。

完全に市場調査して成功が100%と思えるなら、

それでも良いと思います。

しかし、特に初めて事業を始める場合は、

出来る限り、掛けるお金を少くして、

少しずつ経験を重ねることが大事だと思います。

特に借り入れをして事業を始める場合は注意が必要です。

あまり深く考えないで、お金を借りて始めると、

失敗した場合は借金だけが残るということにもなりかねません。

仕事を継続するには、やはり実務で培った知識や経験が大きいです。

最初から大きなホームランを狙わないことが大切です。

まとめ

個人事業主の働き方について考えてみました。

私も10年以上、自営業として仕事してきて、

色々と壁にぶつかりながらも、

どうすれば良いか考えなから仕事してきました。

正直、会社(サラリーマン)と個人事業主の働き方は、

かなり違うように思います。

別物と捉えた方が良いかもしれません。

もし、脱サラして自営業をされる方は、

上記のことをご参考になさって下さい。

多少は参考になると思いますが、

最終的には自分でどうするかは考えないといけないですけどね。

 

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク