ローリスクで起業するためにまずやること 8つの準備リスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは『ローリスクでの起業』について書いてみました。

まずは以下の表をご覧下さい。

出典)ハーバード・ビジネス・レビュー

上記はアメリカの会社の平均寿命調査です。

過去50年の30000社のデータを元に作成されています。

アメリカの会社なので一概に日本に当てはめるわけにもいかないものの、

複雑化する社会の中で会社の寿命も短くなる傾向が強まっている印象です。

日本の会社も今後、多くの従業員を養っていけるのか?という疑問もあります。

半面、現状の社会保障制度(年金や国民健康保険)の維持が困難な状況下です。

私達が将来的に働かなければいけない時間は長くなるはずです。

必然的に終身雇用制度は成り立たないということになりますね。

年金給付の額はこれから益々減る中、

人生を90年とした場合、

会社を定年退職もしくは早期退職した後も働かなければならない期間は25年~30年ほど。

長いですね!

やはり、早めに次の準備をしておかねくてはなりません。

また、若い会社員でも会社にどっぷり浸かっていることが良いことかどうかはわかりません。

そういう意味でも、若手~中高年のサラリーマンの方などで今後の方向性を迷われている方が非常に多い印象です。

そんな中、実際に起業したいという方も増えていると思います。

しかし現実問題、まだ子供が小さかったり、

大学などの費用がかかるので、

なかなか踏ん切りがつかないという方が多いと思います。

実際にそういう方が急に起業をするには、

あまりにもリスクが高すぎるかもしれないですね。

私自身は15年くらい自営業をしているのですが、

事業が軌道に乗るのにはやはり少なくとも1年ぐらい、

もしくはそれ以上の時間が掛かると思います。

それにやはり他の会社と同じように事業を継続する苦労というのもあります。

ただ、それでも起業を進めたいという方のために、

私なりにローリスクでの起業の手順を考えて記載してみました。

リスクを抑えた起業

  1. 仕事を通してどうなりたいかを真剣に考える。
  2. 低予算で始められる仕事を選ぶ。
  3. まずは副業で数万円稼げるようになる。
  4. 副業で会社の給料と同じくらいの稼ぎをコンスタントに上げる。
  5. 副業で稼いだお金を貯蓄して開業資金として取っておく。
  6. ノウハウを蓄積する。
  7. 自信がついたら起業する。
  8. 他の収入源も確保しておく。

1.仕事を通してどうなりたいかを真剣に考える

お金がほしいというのも大きな動機だと思いますが、

実はそれだけでは尻すぼみします。

仕事を通して自分が社会や周囲にどのような影響を与えることができるか。

そんなことも真剣に考えてみると良いと思います。

会社に企業理念というものがあるように、

個人事業でも仕事の理念のようなものを持っていると強いです。

2.低予算で始められる仕事を選ぶ

ローリスク起業のキモはやはりお金を出来るだけかけないこと。

大金を費やす起業の場合は、リターンは大きくなりますが、

リターンの回収の時間も考慮にいれなければならないので、

数年間は無収入ということも考えられます。

以下に資金がそれほど掛からない事業や副業について書きましたのでご参考にどうぞ。

小資本で始められそうな個人事業・副業20個のアイデア

3.まずは副業で数万円稼げるようになる

理想論だけではいけませんので、

副業で稼ぐ力を身につけることをおすすめします。

全くお金を稼いでもいないのに急に起業しても上手くいく確率は低いのではないかと思います。

ひとまず自力で数万円を稼ぐことを目標にして経験を積むことが大切です。

サラリーマンと個人事業とではお金の稼ぎ方が全く違います。

サラリーマンの場合は仕事を分担して行いますが、

個人事業主はすべて自分でやらなければならないので、

個人事業を行う上での予行演習と思って必死にやるべきだと思います。

4.副業で会社の給料と同じくらいの稼ぎをコンスタントに上げる

副業で数万円稼げるようになれば、

今度は給料と同じくらいの水準まで収入を増やす努力をします。

それをコンスタントにできるようになれば、

安全な起業の見通しが立つのかなと思います。

実際には副業ではそれほど時間がないでしょうから、

給料と同じとまではいかないかもしれないですが、

それぐらいの水準までいくことを目指すと良いと思います。

5.副業で稼いだお金を貯蓄して開業資金として取っておく

会社勤めで給料がある状態の時から使うお金は、給料だけにしておきましょう。

できるだけ副業で稼いだお金はプールしておく。

そして、開業資金に充てるようにした方が良いと思います。

ローリスクビジネスとは言え、何かとお金は掛かります。

それに売上や利益が思うように伸びない時期もあるかもしれません。

そんな時のために、ある程度の貯蓄があると正直かなり安心です。

6.ノウハウを蓄積する

最初は副業で経験を積み、

ノウハウを蓄積することが大切だと思います。

最初は必ず何らかの失敗はします。

失敗から得る教訓は大きいです。

また、成功体験を重ねることで、

こうすれば上手くいくという勝利の方程式みたいなものが見えてきます。

7.自信がついたら起業する

ここまで来るとある程度自信がついてきている頃だと思います。

自信がついたら起業を検討する時期だと思います(ローリスク起業の場合)。

8.他の収入源も確保しておく

自信があることは良いことですが、

実は色々と予期せぬ出来事も多いのが自営業の世界です。

1つの収入源に頼るのではなくて、

複数の収入源を確保できたら随分と楽になります。

というのも、最初は万全の状態で起業したとしても、

周囲の状況が変われば急に業績も悪化してしまう恐れもあります。

数の収入のポケットを準備しておくことも大切です。

まとめ

ローリスク起業について考えてみました。

おさらいです。

  • 仕事を通してどうなりたいかを真剣に考える。
  • 低予算で始められる仕事を選ぶ。
  • 副業でまず数万円稼げるようになる。
  • 副業で会社の給料と同じくらいの稼ぎをコンスタントに上げる。
  • 副業で稼いだお金を貯蓄して開業資金として取っておく。
  • ノウハウを蓄積する。
  • 自信がついたら起業する。
  • 他の収入源も確保しておく。

私自身、15年くらい前に起業しました。

上記の方法は私のやり方の実例です。

正直なところ、リスクを非常に小さくした起業に成功していると自分では思っています。

ワークライフバランスも取れやすいので、

家庭や趣味を大事にしたい方などにはおすすめです。

何かのご参考になれば幸いです。

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント
性格診断 あなたに最適な起業のタイプは?

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク