個人事業主の時間の節約とお金の関係

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは『個人事業主としてお金と時間の節約を考える』です。

私自身、10数年個人事業主を続けていますが、

最初の何年間かは『時間がない』とか『忙しい』を、

言い訳にすることが多かったです。

本当はそんなに忙しくないのに、

いつも頭の中がテンパっていた状態でした。

でも、今は慣れたのか、時間がないとか、

忙しいということはほとんどなくなりました。

多少は時間の使い方も上手くはなった気はします。

ここでは、個人事業主として働く際の

お金と時間の関係について考えてみました。

個人事業主のお金と時間の考え方

  1. 車での移動 一般道と高速道路について
  2. 人間関係の構築と時間のバランスについて
  3. 事務所、店舗と通勤時間について
  4. 固定費を減らして利益を増やすことについて
  5. 無理な頼まれごとは断ることも必要

車での移動 一般道と高速道路について

私自身、商品の仕入れや、

商談打ち合わせなどで車を使います。

遠方に行く場合は、

一般道と高速道路の二択になるケースが多いと思います。

例えば、片道80キロ、往復160キロの場所に行く場合。

  • 一般道を利用した場合:0円 所要時間 2時間
  • 高速道路を利用した場合:5,000円(往復)所要時間 1時間

ガソリンの燃費を考慮しても一般道の方が安いのは確かです。

でも、逆に往復2時間余計に時間が掛かってしまいます。

ここで考えられるのは、お金を取るか、時間を取るかです。

例えば、

取引先との商談で30万円の案件が取れるケースと、

3万円の案件が取れるケースに分けて考えてみます(ちょっと極端ですが)。

当然ながら前者の30万円の商談なら、

5,000円の高速道路代は痛くもありません。

逆に後者の3万円の商談なら、

5000円の高速道路代と時間を掛けるわけですから、

実入りは少な目になります。

ただし、それでも高速道路を使うことで、

往復2時間の時間を節約できることを考えたら、

5000円を払う価値はあるかもしれません。

時間が余計に2時間掛かるということは、『疲れ』にも繋がります。

疲れを残さないためにも高速道路を使うという選択肢はありかなと思います。

私自身は、どちらかと言うと、高速道路を使う派で、

遠出する時は必ず高速道路と決めています。

お金を節約することも大事なことではありますが、

帰って仕事をする時間を考えれば、時間を買う方が良いかなと思っています。

また、極端に商談の内容や仕入れ・取引の内容が悪い場合は、

断る・行かないというのも一つの手だと思います。

人間関係の構築と時間のバランスについて

個人事業主の場合、人づてで仕事を得ることが結構あります。

ですから、仕事付き合い以外の人間関係を作っておくことも大事です。

ただし、仕事の人間関係を重視しすぎて、

毎日仕事関係の人と飲み歩いたり、無駄な時間やお金を費やすのは問題です。

知り合いで毎晩のように仕事の接待で飲みに行っている人がいました。

せっかく稼いでも湯水の如くお金を使ってしまって、

結局手元にお金が残らないと嘆いていました。

相手が取引先なので、飲みに行くのも断りにくいということでした。

商売も相手に依存するとよくないので、

バランスが結構大事なことだと思います。

取引先の分散も大事なことだろうと思います。

また、仕事関係の人付き合いも大事ですが、

幅広い人付き合いをする方が、世間の見方を広げるためにも良いように思います。

事務所、店舗と通勤時間について

せっかく個人事業主になったのですから、

事務所や店舗と自宅の距離はあまり離れていない方が良いと思います。

通勤時間を減らすことで、時間に余裕が出来るということは間違いないです。

実際に私の場合は、自宅兼事務所なので、通勤時間がゼロです。

実際には事務所や店舗を持たずに仕事ができる業種はそう多くはないと思います。

ただ、極力自宅に近いところに事務所や店舗がある方が、

急な家庭の用事などの際には便利ですし、時間を効率的に使えると思います。

固定費を減らして利益を増やすことについて

商売でよくよく考えておかなければならないのは、固定費。

先述のように、事務所代や人件費は、

費用としてはかなり大きなウェイトを占めます。

本当にその固定費を払う価値があるのかどうか?

ということは考えておいた方が良いと思います。

もちろん、人件費や地代家賃(事務所や店舗費用)などは、

ビジネスを大きくするためには必要な経費です。

でも本当にそれが必要かどうかは考えてみる余地はありそうです。

儲かるために人を雇い、店舗を構えたのに、

現実は従業員の給料や家賃の支払いのために働くことになるというのは、

本末転倒だと思います。

手段が目的にならないように注意が必要ですね。

無理な頼まれごとは断ることも必要

結構時間を費やすことの一つに『頼まれごと』があります。

人から頼まれるということは信頼されているという証でもあるので、

有り難い話です。

出来る限り期待に応えてあげたいところです。

しかし、こちらの都合を何も考えずに、

軽い気持ちで用事をお願いしてくる人も中にはいます。

個人事業主は自由な時間があると思われがちです。

でも、実際には個人事業主は仕事をしなければ実入りがない身分です。

そんなに時間に余裕があるとも言えません。

ですから、無理なことは無理と断る勇気も大事だと思います。

まとめ

個人事業主は時間に融通が効く半面、

自分で時間の管理をしなければ、楽な方に楽な方に流れる可能性もあります。

また、働き方も効率を考えないと、

時間ばかり浪費して稼ぎは少なかったということも有りえます。

時にはお金を使って時間を買ったり、

また反対に、暇な時は時間でお金を節約するという感じで、

バランスを上手に取ることが、必要なのかなと思います。

ご参考まで。

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク