起業に失敗しないための小さな心がけ(個人事業主向け)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

起業に失敗しないための小さな心がけ』です。

私はちっぽけな個人事業主ですが、

何とか10年以上雇われずに生きながらえています。

これから起業・開業しようと思っている方なら、

私がこれまで失敗したことや考えたことなどが少しは参考になるかもしれません。

起業に失敗しないために

以下、私が考える、起業の際にぶち当たる壁や問題について書いてみました。

  1. 起業・開業資金について
  2. フランチャイズとしての起業
  3. 逃げ道を作っておく
  4. アイデアだけで勝負しない
  5. 人を大事にする
  6. 諦めない
  7. 何が目的かを明確にする

1.起業・開業資金について

独立するのにどれくらい資金がいるかは、

業種・業態によってまちまちだと思います。

工場や機械など大きな規模の施設が必要なら何千万も費用が掛かる場合もあるでしょう。

逆に私のような小さな規模の仕事なら、

数十万円程度から始めることも可能です。

私の場合はこれまで一度も借金などの借り入れをせずに、

自己資本だけでずっと回しています。

どんな業種の方でもそうだと思うのですが、

起業の際は、最初に掛かる費用はできる限り抑えた方が良いです。

十分に経験を積んでからなら良いですが、

安易にお金を大量に借り入れてやるというのはリスクが高いです。

起業当初は、資金は十分にあると思っていても、

お金は本当に羽が生えたように飛んでいきます。

ビジネスプランが完璧で絶対に成功する自信がある方なら別ですが、

最初は自信があまりないなら、

手元のお金で回していく方が良いように思います。

というのも、もし初期投資の額が多ければ、

それだけ、回収に時間が掛かるからです。

初期投資を回収するのに何年も掛かるというのはちょっとどうかなという気もします。

(それ以上のリターンが予測できるなら全然良いと思いますが)

フランチャイズとしての起業

知人が以前、仕事を辞めてフランチャイズでの起業を考えていた時期がありました。

FCの場合は、加盟金などが必要な代わりに、

本部がさまざまな仕組みなどを考えてくれているので、

サラリーマンから独立・起業するには良さそうに見えます。

確かにフランチャイズの『看板(ブランド)の力』は大きいと思います。

売上が良ければ、自分の収入も多くなるというのは大きなメリットです。

反対にFCの本部からの売上の要求などもあるかもしれませんし

、拘束時間もサラリーマンの時と同じか、むしろ長くなる恐れも考えられます。

土日がかき入れ時の業種なら、土日は休みはないかもしれません。

『FC加盟金を払ってもやる価値を見いだせるかどうか』

というところがフランチャイズでの起業の分岐点ではないかと思います。

もしメリットを感じて、

絶対に頑張れる自信があるのであれば、やるべきだとは思います。

そうでなければ再考して、他の道を考えるのも良いと思います。

気になる方は、フランチャイズの比較をしてみるのも良いですね。

逃げ道を作っておく

逃げ道とは『夜逃げ』のことではありません・・・。

収入や預金がゼロにならないように、

他にも収入の道を作っておくということです。

退路を断って、背水の陣を敷くと、

火事場の馬鹿力が出るというのもあるでしょうが、

そういう気持ちもそう長くは続きませんし、

若い頃は馬力があって良いですが、年を取るとそうもいかなくなります。

収入の柱を一つに絞らずに、いくつか持っておいた方が無難です。

会社が景気の動向に影響を受けやすいのと同様に、

個人事業もまた、景気に左右されやすいです。

また、海外との取引なら、円高・円安などの為替の変動も大きな影響を受けます。

また、その国の景気が悪くなったり、

人件費が高くなれば、コスト高になりかねません。

そういう様々なリスクを予期しながら、動くことも大切ですね。

アイデアだけで勝負しない

『いいアイデアだから成功するに決まっている』

と動き出したけれども上手くいかなかったということも良くあります。

特に若い人やビジネス経験が浅い方に多いように思います。

ニーズを考えずに『思い込み』で突っ走ってしまうタイプです。

絶対これ成功する!』とか簡単に言いますが、

簡単に成功することはそうそうないです。

アイデアだけなら誰でも出せますが、

必ず越えなければならない壁がいくつも存在します。

時間的な制約や法律、資金、技術、人、競合などいろいろな問題がいろいろと横たわっています。

そういう問題を一つ一つ潰していかなければならないので、

現実は想像以上に大変です。

いいアイデアが浮かんだら、徹底的に市場調査・分析してニーズを掴み、

十分に利益が上がると計算できてからやると良いと思います。

思い込みで突っ走るのは危険です。

もちろん、直感も大切な時は確かにあります。

人を大事にする

起業しても、人との関わりはとても大切です。

人間関係の大切さはサラリーマンの時よりも更に大きいかもしれません。

人に信頼できる人間と認めてもらうことが非常に大切だと思います。

また、自分がどんなことで貢献できるのかなどを常にアピールすることも必要ですね。

最初に求めるよりも、先に何かを自分が提供する気持ちが大切です。

人脈形成はゆっくり時間を掛けてやると良いと思います。

諦めない

途中大きな壁が立ちふさがっても、諦めないことですね。

予期せぬ出来事も時にはあるかもしれません。

そんな時は、マイナスの言葉を吐かずに、プラスの言葉を口癖にすると良いです。

例)『大変だけど、面白いよね」

とにかく諦めないことが大切です。

諦めずに続けていると、以前は難しかったことでも、簡単になったりするから不思議です。

何が目的かを明確にする

私の仕事の目的は、まずは家族がしっかり生活出来ること。

そして、『関わる人が少しでも私の仕事を通して問題を解決してくれたり喜んでくれたら良いな』と思っています。

このちょいビズブログの場合は、

個々人が、自分の力で稼いで豊かに暮らせるためのヒントや情報を提供する』という目的を持っています。

なぜなら、今後の日本社会は働き方がますます流動的に変化していきます。

それに合わせた働き方を一人ひとりが考えないといけなくなると思うからです。

単にサラリーマンが嫌だから起業するとか、

自由になりたいから起業するでも良いですが、

それは仕事の目的にはなりません。

自分のためだけに起業するだけでなく、

明確な仕事の目的を定めるとモチベーションも更に上がると思います。

また、そのためには、自分自身も楽しいことを仕事にしなければならないと私は思っています。

まとめ

これまで経験してきて感じたこと、考えたことなどの一部をまとめてみました。

個人個人何か必ず得意なことがあると思います。

その点も考慮に入れながら、ご自身の性格や環境・状況にあった起業のカタチを選ばれると良いと思います。

100%この方法が良いというのはありません。

ご参考まで。

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク