ネット通販・物販の起業はハードルが低め

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

ネット通販・物販の起業はハードルが低め』です。

起業でどの業種をやろうか悩んでおられる方も多いと思います。

資格や技術をお持ちの方なら、

技能を活かして起業しようと思う方も多いと思います。

しかし現実問題、

資格や技能があれば起業してすぐに仕事が来るかと言われればそうでもないです。

実際に私も起業して15年近くになりますが、

当初はホームページ制作の技術や知識を活かして仕事をしていこうと思っていました。

最初はそれでも良かったのですが、段々技術も進化してきて、

比較的簡単にホームページも作れるようになり、

やる人も増えたのでやる旨味も仕事も少なくなりました。

そこで収入の口を増やすために『ネット通販・物販』を始めました。

私は物販は一度もしたこともなく、最初は難しかったのですが、

だんだんコツをつかめるようになると、やがて生活できるレベルにまで収入が増えました。

物販は初期投資がそんなに掛からないのが良いですね。

また在宅でできるのも良いです。

それにダブルワーク・トリプルワークという感じで、

複業を持ちながら仕事をすることで収入が安定するというメリットもあります。

起業に物販を選ぶ 長所と短所

個人的に物販は、スモールビジネスをしたい人には、

日銭』が稼げるので良いと思います。

他の仕事のように仕事がなければゼロというわけではなく、

売りさえすればお金にはなります。

もちろん、それだけで生活できるレベルになるにはかなり努力しなければいけません。

それに事業の一部を物販にするという手もあります。

以下は、個人的にこれまで物販をやってきて感じていることです。

  1. 専門分野で勝負した方が良い。
  2. 経費は極力掛けない方が良い。
  3. 海外向けも検討しても良いかも
  4. 自前のネットショップのメリット・デメリット

1.専門分野で勝負した方が良い

色んな商品を幅広く扱うのも良いですが、

個人的には専門分野に特化したやり方が良いのではないかと思います。

というのも、商品のバリエーションが多いと物量は増えますが、

個人がやるには覚えることが多すぎて、商品知識が浅くなってしまうからです。

ですので専門分野を持っている方に比べると、

販売単価を上げにくいというデメリットがあります。

あのお店に行けば『○○』があると消費者に認知してもらえば、

リピーターも増えますし、仕事自体も楽になるように思います。

2.経費は極力掛けない方が良い

必要経費というのは必ずどんな仕事にも発生します。

ただ、無駄な経費は掛けないほうが良いです。

なぜなら利益に直結してくるから。

例えば、毎月DIYショップで梱包用のダンボールを購入すると随分費用が掛かってしまいます。

スーパーマーケットなどで不要のダンボールなどをタダでくれるところもあります。

もしお客さんが梱包にこだわりがなければ、

そのようなものを再利用することで経費を抑えられます。

また、梱包資材屋さんに行けば、

大量ロットでガムテープなどを購入すれば随分安く売ってくれるところもあります。

3.海外向けも検討しても良いかも

扱う商品が日本では飽和化していると感じておられるなら、

海外のマーケットを狙ってみるのも手です。

実際に私も昔やっていました。

実は日本では二束三文でしか売れないものが、

海外で高値で売れることもあります。

それは日本人と外国人とでは目線が違うからです。

外国人と言っても、アメリカ人もいればドイツ人、

ベトナム人、エジプト人など様々です。

国によって需要も様々です。

現地の市場調査などをしてみて、

現地のニーズに合った商品をネットで販売してみるのも手ですね。

競合がいなければそれだけ儲かる可能性が高まります。

4.自前のネットショップのメリット・デメリット

本来ならネットショップを自分で作って売る方が利益率は増えます。

でも、やはりデメリットもあります。

それは集客が難しいということ。

ヤフオクや楽天、アマゾン、メルカリ、海外サイトのeBayなどなら

圧倒的な集客力があります。

しかし、個人でやると集客をイチからやらなければなりません。

お客さんが来なければ、商売になりませんから、

大手のオンラインショップなどを上手に活用することは不可欠かもしれません。

ただし、顧客リストなど顧客の詳細を知りたい場合や、

その後のマーケティングに繋げたい場合は、

自前のネットショップを構築するというのも良いと思います。

自前の場合はセキュリティ対策などにも気をつけなければなりません。

まとめ

起業と物販のおさらいです。

リスクを減らした起業としてはネット通販・物販は良いと思います。

  • 専門分野で勝負した方が良い。
  • 経費は極力掛けない方が良い。
  • 海外向けも検討しても良いかも
  • 自前のネットショップのメリット・デメリット

売れなかったものは、地元のフリーマーケットなどで安く販売するなどするのも良いかも知れないですね。

以下も私の実体験を書いていますので、ご参考にどうぞ

オークション(ヤフオク)だけで生活する たった5つの心得

ネット通販 インターネット通販を開業する際に知っておきたいこと

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク