持続化補助金は合格するかどうかよりも事業計画を考えることが大切

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回は『持続化補助金』について考えてみました。

私は自営業を始めて10年以上経ったのですが、

今回初めて『持続化補助金』の申請をしました。

実はこれまでそういう小規模事業者向けの『補助金』があることさえもよく知らなかったんです。。

しかし、地元の商工会入ったことをきっかけにして、補助金の申請をすることにしました。

それにしても、申請の際に必要な事業計画書の作成が大変なのと、

補助金の使い道が補助事業にのみ有効で、

少し融通性に欠ける点が正直少し面倒だとも思いました。

もしかすると、結構不正などがあるので、

防止のためそうなっているのかもしれないですね。

今回は、私自身もあまり補助事業の内容や、

使い道をよく理解しないまま申し込んだので、商工会の方に随分と迷惑をかけました。

もちろん、通ればそれに越したことはないです。

でも、実は正直なところ、

持続化補助金に通らなくてもいいんじゃないか?と思うところがありました。

それは以下のような理由からです。

事業計画書を作ることでビジネスのことを考える機会になる

今回、私は事業計画書を商工会の方と一緒に考えて作ったのですが、正直、これまで一人で『ああでもない・こうでもない』と考えながら事業の計画を練ってきました。

しかし、今回、商工会の担当者の方と話をすることで、

担当者に第三者の目線でアイデアや方向性について聞いて頂き、

事業について一緒に考えて下さることで、

より具体的に自分のビジネスのことを客観的に捉えることができました。

自分のことは実はあんまりよくわかっていないことって多いんですよね。

時に、客観的な視点が必要な時があります。

これは実はすごくシンプルなことですが、

私にとっては、とても大きなことでした。

これまで『モヤモヤ』していたことが一気に晴れやかになった気がしました。

受験のように『通るため』に事業計画書を書くのも良いですが、

せっかく自分の事業なのですから、

『将来のため』にしっかり考えて事業計画書を書くことはとても大切なことだと感じました。

持続化補助金に通ることが望ましいですが、

合格する確率的にはそう高いわけでもないので、

せっかく時間をそこに費やすのなら、他人任せではなく、

真剣に事業計画書を書いてみるのも良いことなのかなと思います。

実際に今後どのようなビジョンで仕事をすべきかが明確になります。

また、考えることが、実は補助金以上の効果を生む可能性もあるように感じます。

ご参考まで。

これまで書いた記事をカテゴリー毎にまとめて探しやすくしています。こちらもどうぞ♪

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク