個人事業主を継続するには経費に敏感になることが大事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

個人事業主を継続するには経費に敏感になることが大事』です。

私も個人事業主として仕事を始めて10年以上が経ちました。

実際、自営業で生活するだけのお金を自分で毎月稼ぎだすのは、なかなか大変なことです。

自営業も思うほど簡単ではないですね。

特に自営業で重要なのが、お金の流れを把握することではないでしょうか。

いくら売上が上がったとしても、経費を掛けすぎていては利益は出ません。

また、お金の流れを把握していないと、思わぬ費用が発生して慌てたり、取引先からの入金が遅くて資金繰りが苦しくなることもあるかもしれません。

以下では、個人事業主と経費について考えてみました。

個人事業主とキャッシュフロー

私も自営業を始めて10年以上経っていますが、キャッシュフローを把握するのは難しいと感じています。

自営業って意外にお金の管理が難しいんですね。

もちろん、ちゃんと経費の計算はしていますし、確定申告も毎年欠かさずやっています。

『よ~し、今月は売上良かったな~』と思っていても、月末に計算したら、大して儲かっていなかったということもよくあります。

こういうのを『自転車操業』というのでしょう。

自営業者は自転車操業が多いと聞きます。

自転車操業と言っても、タイヤがパンクしたり、チェーンが外れたり、部品が取れて運転が難しい状態でないだけマシですが。

私もヨメからは『経費計算をちゃんとして!』と言われて、重い腰を上げて真剣に取り組み始めたのですが、正直なところ一人で仕事をしていると、なかなかすべてに手が回らないことがよくあります。

本当はそれは言い訳で『現実から目を背けているだけ』なんですけどね。

自転車操業の理由は、『お金の流れ』をきちんと把握していないのが挙げられると思います。

いわゆる、『キャッシュフロー』というやつですね。

会社でもキャッシュフローはとても重要ですが、個人事業でもやはりキャッシュフローの確認は大切です。

特に支払いの後から請求が来るものに関して、忘れていたり目を背けたりしがちです。

一時的には儲かって、手元にお金が増えたと感じても、月末にごっそり支払いで持っていかれて、『あららっ、今月もお金が増えてないね』となりがちです。

特にクレジットカードで支払ったものや、各種手数料などは忘れがちです。

本当に注意していないと、今月は経費がそんなにかかったのか~とびっくりすることがあります。

自営業は、サラリーマンやOLさんと違って、毎月決まったお金が入ってくるわけではないので、『資金と経費』の関係には敏感になっておかなくてはなりません。

以下は、私(『インターネット通販+ネットサポート業務など』=二足のわらじ)を例に取り、『個人事業主と経費』について書いてみました。

個人事業主と経費

家賃・通信費・光熱費

家賃や通信費、光熱費なども後から請求されるものの代表例ですね。

個人事業主の場合は、確定申告の際に、家賃は部屋の利用したスペースに応じて按分計算して経費にできます。

しかし、問題は、自動引き落としの場合、お金の流れを把握しずらくなるので、毎月定期的に来る『請求書をきちんと確認する』ことをおすすめします。

自動引き落としの場合は、何にお金が掛かっているのかを、真剣に調べることが重要ですね。

クレジットカード』で支払いした時は、特に注意したいところです。

いくら仕事で儲かっても、無駄な経費が多ければ、なかなか運転資金が貯まりません。

個人事業主が経費を知るには、クレジットカードをまとめることもおすすめです。

ネットの利用手数料

楽天やアマゾン、ヤフオク、ヤフーショッピングなどにはシステム利用手数料が発生します。

私はすべてのサービスを使っているわけではないので、わからない部分もありますが、通常売上に対して手数料が発生するので、多く売上げた時は、それだけ手数料も高くなります。

その手数料を考えずに、儲かった~と思ってバンバン使ってしまうと、後から手数料の請求が来るので、資金的に苦しくなることもあります。

儲かったお金がすべて自分のものになるとは限らないので注意が必要ですね。

常に資金にゆとりを持っておかなくてはなりません。

ホームページやブログを持っている場合は、毎年掛かるレンタルサーバー代やドメイン代、更新料なども頭に入れておかなくてはなりません。

高速代

仕事で高速道路をよく利用される方も多いと思います。

私も月に数回、高速道路を利用します。

私はETC付帯のクレジットカードを利用しています。

ETCを使っていると、無料のような感覚になりますが、当然ですが、ちゃんと後から請求が来ます。

高速道路を使えば、時間も節約できますが、請求書を見返すと『結構使ったな~』と思ってしまいます。

毎月数万円の交通費は結構大きいです。

また、駐車場代・ガソリン代も同じくばかになりません。

運送会社(郵便)の後納料金

私はインターネット通販の分の発送は『郵便局(ゆうパック)』に一任していて、毎回、集荷に来て頂いています。

料金(送料)は月末に後納するようにしているので、前月の送料が翌月に来ます。

月末まで料金(送料)を払っていないのですから、その分のお金が月の前半は資金として残っているのは当たり前で、月末の支払いの際に、急に資金が減るのを寂しく感じることがあります。

もちろんサービスを利用させて頂いているのでお金を払うのは当然のことですけどね。

個人事業主を続けていると定期的に掛かる費用

次に、個人事業主在宅ワーク)をする場合に、定期的にかかる費用について書いてみます。

パソコン購入費

パソコンの値段は5万~20万円程でしょうか。

1年や2年で買い換える必要は殆どないですが、長年仕事をしていると、OSのバージョンが古くなったり、スペックや性能に問題が出てくることもあります。

パソコンも年々進化するので、できればハイスペックで、仕事がはかどる物を選びたいものです。

私も数年に一度のペースでパソコンを買い換えています。そのたびに使いやすくなって良いのですが、やはり、その資金も長期計画に入れておくことが大事だなと思います。

壊れた時に買い換えるのではなくて、定期的に買い換える計画などをしておくと良いのかなと思います。

また、プリンターなども買い換え時期が来ることも忘れてはいけないですね。

私も10年間で何度もプリンターを買い替えましたが、今は経費が格安で長持ちするモノクロレーザープリンターに落ち着いています。

携帯電話やスマホやタブレットPCなども経年劣化するので、数年おきに買い換えが必要になりますね。

こういう機械を買う費用も馬鹿にはなりません。

そのための資金を蓄えておかないといけないですね。

パソコンソフト

パソコンのソフトの費用も馬鹿になりません。

業種によって、グラフィック系のソフトだったり、プログラミング用のソフトなどが必要かと思いますが、バージョンアップの費用も含めると大きな出費です。

また、個人事業主なら、会計ソフトを使って確定申告をされる方も多いと思います。

また、ネット関係の仕事ならセキュリティ対策も必要です。

私はウイルス対策ソフトは長年【カスペルスキー】を利用しています。
複数台のパソコンにインストールしても費用が変わらないから便利です。

パソコン買い替え時でも、承認コードを入れるだけで使えます。

迷惑メール対策や、サイトの閲覧、ネット決済時の安全性を高めてくれるので、入れておいた方が良いと思います。操作も簡単です。

このようなウイルス対策ソフトなどの経費も考えておかなくてはなりませんね。

パソコンデスク・椅子

パソコンデスクはそんなに頻繁に壊れるものではないですが、パソコンのチェアの革の部分は長く使っていると、すり減り痛みます。

実際に私の使っていた椅子は8年ぐらい使ってぶっ壊れました・・・。

座り心地が良いものは随分値段も高いので、買い換えには慎重になります。

パソコン周りの備品も買い換えたいと思う時期が来ます。

そのための資金もあるに越したことはないですね。

また、健康のためにも、できるだけ良い物を使いたいものです。

余談ですが、私はパソコン作業で疲れた時に、オットマンに足を置いて昼寝するようにしていますが、案外便利で良いですよ。

自動車

私の場合は、半分は自宅で仕事していますが、車で打ち合わせや、物品の仕入れなどにも行きます。

車が不要な仕事なら良いですが、物販を仕事にされている方などならワゴンや軽トラックなどが必要でしょう。

また、車も経年劣化するので、やはり買い換えが必要になります。

また、自賠責保険、任意保険、車検代、タイヤ交換代、オイル交換代、修理代なども考えておかなくてはなりません。

車の維持には結構なお金がかかります。

そのための資金も確保しておかなくてはなりません。

打ち合わせがあっても、物を運ぶ仕事でなければ、カブなどのバイクにするのも手ですね。

不要な経費は減らす方が確実にお金は貯まると思います。

税金や市民税など

2月16日~3月15日までに、前年の売上などを確定申告します。

そして納める税金が算出されます。

その税金(所得税)は当然ながら、確実に支払わなければなりません。

売上が1000万円を超えて、消費税を払う必要がある方もおられると思います。

逆に赤字決算の場合は、納め過ぎた税金が戻ってくる場合もあります。

また、6月からは、市民税国民健康保険料の支払いが始まります。

国民年金保険料の支払いも同時に始まります。

これだけでも月々の支払いは馬鹿にならない金額になります。

特に前年の売上が多いと、所得税の額や市県民税、国民健康保険料の金額も大きくなるので、きちんとそのための資金も貯蓄しておかなくてはなりません。

社会保険料の支払いは本当に大変です。

もし副業からスタートした人等で、売上が急増した方は、白色申告から青色申告に変更しておいた方が良いです。税制上、多少有利になります。

サラリーマンだとこんなことは考えなくて良いですが、個人事業主になると、上記のように沢山のことに気を使わなくてはならなくなります。

仕事さえしていればいいというわけではなくなります。

それに、将来の不安にもきちんと向き合っておかなければいけません。

まとめ

個人で自宅で仕事をするだけでも、いろいろとお金がかかります。

資金が少なくても個人で仕事は始められますが、経費は別問題です。

個人事業主・自営業だと、仕事の道具や機器などはすべて自分で揃えなければなりませんからね。また、買い換えもすべて自分。

会社だと備品などの経費は会社持ちなので、深く考えないことですが、この負担は個人には大きいです。

在庫を持つ仕事の方は、不良在庫を抱えないように、たまに損切り、在庫処分をされることをおすすめします。不良在庫が資金繰りを苦しくすることもありますから。

個人事業主は良い時も悪い時もあるので、いざという時のために資金を準備しておくことも必要です。

自宅で仕事して10年以上経って本当に思います。個人事業主とは言え、資金繰りって本当に大変です。

あとは、『黒字倒産』しないように、個人事業主の方は、『現金取引』を基本におくことも大切ですね。

お客様からクレジットカード決済ばかりで支払いを受けていると、手元に現金が入るのが遅くなり、黒字倒産が起きやすくなります。

自営業を始めるなら、上記のようなことをよく考えて独立されることをおすすめします。

以上、私もこれまで苦労したことでした。

また、日頃から帳簿を付けるのは大変です。

忙しい日常で、売上と経費を把握するために、会計ソフトfreeeで日々の会計の効率化を計ることもおすすめです。

ご参考まで。

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク