人口減少社会と個人事業主の働き方について考えてみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

今回のテーマは、

人口減少社会と個人事業主の働き方について考えてみました』です。

私自身、紆余曲折を経ながらも、個人事業主を10数年間続けている40代です。

私が将来を考える中で、最近気になっていることが一つあります。

それは、『日本の人口減少』です。

日本は超少子高齢化が加速しています。

そうなると自然の摂理で人口も減ってきます。

そこで考えなければならないのが、社会の変化への対応です。

多分私自身も最低でもあと20年以上は働くことになると思います。

先を見通すことが難しい世の中なので、多少なりとも不安もあります。

そんな中、今後の人口減少社会を個人事業主として、どのように生き抜くべきかを考えてみました。

人口減少社会でどのように働くべきか?

  1. 需要に合わせて変化する
  2. 内需だけでなく外需も探る
  3. AIと仲良くなる
  4. 様々な変化に敏感になる
  5. 右往左往しない

需要に合わせて変化する

どんな商売でもそうですが、需要に合わせてビジネスを変化させなければなりません。

今は需要があっても、5年後、10年後は需要がほとんどなくなる仕事もあるはずです。

その変化には敏感になっておく必要があります。

突然それは訪れるわけではなくて、少しずつ兆候が現れるはずです。

その変化を見逃すことなく、自分を変えていくことも大事なことだろうと思います。

内需だけでなく外需も探る

内需というのは、日本国内の需要。

外需というのは、日本国外、つまり、海外の需要です。

日本国内の人口が減るということは、それだけ購買者が減るということです。

ですから、やはり、海外にも目を向けることも必要かもしれません。

AIと仲良くなる

AIが仕事を奪うという話がありますが、

個人的にはAIは仕事を楽にしてくれるのでは?と考えます。

AIが生活に浸透してきても、人間にしかできない仕事は沢山あるはず。

特に、人口減少社会なので、人力はやはり貴重になるのではないかと考えています。

AIを過度に恐れるのではなく、仲良くなることを考えて方が良いように思います。

様々な変化に敏感になる

20年くらい前にインターネットが出てきた頃と同じように、社会にものすごいインパクトを与える事象が今後も訪れるかもしれません。

そんな時に、旧態依然の仕事のスタイルを続けていてはいけないだろうと思います。

歳を取ると、どうしても頭が堅くなって、今までのやり方を固持したりしますが、そうならないために、頭も柔軟にしておくことが大切かなと思います。

ただし、変化に対応するからと言って、軸だけはブレないようにしないといけないと思います。

右往左往しない

先のことが不安になって、あれもこれもと手を出すのも良くないように思います。

長年培ってきたことを投げ売って別のことをやるのも良いですが、できることなら、自分の持ち場を離れることなく、自分の信念を貫き通すことも大事なことかもしれません。

まとめ

これだけ複雑な世界ですから、先のことは読みにくいです。

社会の変化次第では、個人の働き方も劇的な変化を余儀なくされる可能性もあります。

とにかく路頭に迷わないように、変化には敏感になっていたいですね。

人口減少社会でどのような変化が起こるのかを注視しつつ、変化に合わせて自分自身も変化していきたいですね。

ご参考まで。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク