自営業は体調不良に注意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

自営業は体調不良に注意』です。

実は私も、まさにここ2ヶ月ほど体調不良で苦しんでいました。

体調不良が自営業の仕事にどんな影響をもたらすかについて、

感じたことを書いてみました。

自営業の体調不良によるマイナス点

  1. サラリーマンのように有給休暇がない
  2. 頭が働かない
  3. 機動力がなくなる
  4. 休むと翌月まで響くことも

1.サラリーマンのように有給休暇がない

まず一番に挙げられるのが、自営業には、サラリーマンのように、

有給休暇』がないということです。

つまり、風邪を引いても、インフルエンザに罹っても、

自営業は休んだら、稼ぎにならないということです。

(業種や働き方にもよりますが)

休んだ日の収入が入ってこないのは大変なことですね。

2.頭が働かない

体調不良の状態で仕事をしても、なかなか仕事に集中できません。

特に風邪で頭痛、発熱など起きていると、全く頭が働かず、

仕事にミスが増えたり、やるべきこともままならない状況になります。

これは自分の仕事にかなりのマイナスです。

3.機動力がなくなる

自営業の人なら、普段は身軽に動き回る方が多いと思います。

しかし、体調が悪いとどうしても動きが鈍ります。

本来やるべきこともできないし、しかし成果は挙げないといけないので、

かなりのプレッシャーにもなります。

4.休むと翌月まで響くことも

その日休むと、それ以降の日の仕事に響いてきます。

仕事が後手後手にまわり、計画通りに仕事が進まなくなります。

そういう面でも、自営業が体調を崩すことは大変なことなんだとわかります。

まとめ

健康管理を徹底するのはもちろんのことですが、

それ以上に大事なのは、自分が100%動かなくても、

収入が得られる仕組みを構築することかと思います。

また、病気をしても1年ぐらい生活できる貯蓄を確保

しておくのも大事なことですね。

ご参考まで。

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク