自営業がとにかくお金を稼がなければならない理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

自営業がとにかくお金を稼がなければならない理由』です。

タイトルを読まれて『何を突然?お金を稼ぐことなんて当たり前だ

と思われた方も多いと思います。

私も何年も個人事業主を続けてきましたが、『ふと』そう思いました。

自営業はとにかくお金を稼がなければならない!』と。。

当たり前ですが、どうしてそう思ったか・・・。

その理由は以下の通りです。

自営業はお金を稼がなければならない理由

  1. 自営業はサラリーマンより社会保障制度的に不利。
  2. 自営業にはボーナスがない。
  3. 自営業はローンを組みにくい。
  4. 自営業には退職金がない。
  5. 自営業は休みが取りにくい。
  6. せっかく自由なのにお金に縛られてはいけない。

1.自営業はサラリーマンより社会保障制度的に不利

自営業、個人事業主、フリーランサーなどは残念ながら、

社会保障制度の面で、サラリーマンよりも見劣りする点があります。

特に、年金に関してはサラリーマンの場合は『厚生年金』ですが、

自営業の場合は『国民年金』です。

厚生年金の方が、国民年金よりも老後の受給額が高くなります。

裏を返せば、国民年金の方が受給額が少ないということです。。

ですから、早い段階での老後資金対策が必要です。

対策としては、自分で投資信託などでお金を運用したり、

確定拠出年金などに掛けておくこと。

お金を貯蓄するだけではお金は殖えない時代なので、

ある程度『投資』することを考えておいた方が良いです。

特に、若い世代なら、時間を味方にした『長期投資』で毎月1万円ずつでも投資していけば、福利の効果で、お金は増えていく可能性もあります(投資にはリスクもあります)。

また、『付加年金』400円を国民年金に上乗せして払うなどすると少しお得です。

市区町村の役所・役場(国民年金担当)で納付申出書の提出すれば簡単に手続きできるので、まだの方は手続きされることをおすすめします。

自営業は老後も定年がないから良いね』などと言われますが、

ある意味では確かにそうなのですが、ある意味においては、

定年後もガッツリ働かなければ食っていけない』可能性もあるということです。

そのためにも、ある程度、若いうちからお金を稼いでおく方が良いと思います。

2.自営業にはボーナスがない

自営業にはボーナスがありません。

これは当然のことですが、世の中の人がボーナスを貰ったと聞くと、

そうなんだな~と思います。

あんまり個人的には羨ましいという気持ちはありません。

逆に考えると、自営業は頑張りに応じて幾らでも稼ぐことができる可能性があります。

だからガッツリ稼ぐ気持ちがないといけないと思います。

そうじゃないと自営業の意味があまりないかなと思います。

ボーナスの何倍も稼ごうと思う気概がないと、

逆に『まあこれくらいでいいか・・』となってしまいかねません。

3.自営業はローンを組みにくい?

特に実績が乏しいと融資が受けにくい可能性があるかもしれません。

当然ながら確定申告は必須です。

ある程度毎年コンスタントに利益が出ていないと銀行も貸出が厳しい可能性もあります。

これは銀行次第ということもあるので、私がどうこう言える立場ではないですが、

実績はやはり大事だろうと思います。

ですから、毎年しっかり確定申告して、利益を出すことが大切だろうと思います。

4.自営業には退職金がない

自営業には退職金がありません。

普通、サラリーマンの方なら勤続年数に応じて退職金が出るので、

それを老後の資金に充てることができます。

しかし、その退職金が自営業には出ません。

そうすると、どうなるか・・・。やはりそれ以上に稼がなければいけないということです。

この現実からは逃れられません。

自営業の退職金と言えば、『小規模企業共済』という自営業の方向けの退職金制度のようなものもあります。

掛金月額は、1,000円から7万円まで。

これは、個人事業を辞めた時のために毎月一定額を積み立てておいて、

引退時に受け取るものです。

確定申告時の控除対象にもなるので、節税効果もあります。

お金に余裕がある方は、入っておくと良いと思います。

自営業は退職金がないので、自力で何らかの蓄えを作っておくことが重要になります。

先述のような投資信託での長期投資もおすすめです。

自営業の老後が不安?お金や人生の目標などについて

5.自営業は休みが取りにくい

業種にもよるとは思いますが、

自営業はまとまった休みが取りにくいように思います。

その理由のひとつが、『休むとお金にならないから』。

例えばお店を閉めるとお客さんに商品やサービスを売ることができないので、

当然売上・利益は落ちてしまいます。

ですから、休みが取りにくい。

サラリーマンが遊んでいる時も働いているのですから、

沢山稼ぎたくないですか?

貧乏暇なしにはなりたくないですよね。

自分がいなくても回る仕組みを作るのも重要です。

自営業から経営者に変わるために、

人に任せるということも考えておきたいところです。

個人事業主は休みなし?自営業ならではの連休の取り方とは?

6.せっかく自由なのにお金に縛られてはいけない

自営業、個人事業主、フリーランサー等は組織に属していません。

ある意味自由です。

でもせっかく自由な環境にあるのに、

お金を稼ぐのに精一杯すぎて、辛いのはどうなのかなと思います。

ですから、清貧さも大事かも知れませんが、

お金を稼ぐということもやっぱり真剣に考えないといけないのかなと思います。

技術系だったり、職人系の方はお金を稼ぐのが苦手な方もおられるかもしれないです。

でも胸を張ってお金を取る気持ちと覚悟も大事なのかなと思います。

まとめ

私自身も、昔からこのような考え方を持っていたわけではないです。

どちらかと言うと、私も『清貧もまた良し』の考え方でした。

しかし、実際には稼げない自営業は辛いだけです。

私も実際にそういう時期も経験しています。

もちろん、商売には倫理観も大事なので、

何でもやれば良いというものでは決してないです。

でも、苦しいばかりの自営業では良いサービスは提供できません。

ですので、両者のバランスを取りながら、

稼ぐ自営業』を目指すことは重要なことだと思います。

ご参考まで。

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク