人・物・金がなくてもできる集客 自営業のブログの活用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。 無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは『人・物・金がなくてもできる集客 自営業のブログの活用』についてです。

ほとんどの自営業の方は仕事で忙しい。

自営業は一人もしくは小規模な事業者なので、人手が足りない。

ちなみに、ちょいビズのブログには、

自営業 暇

というキーワードで沢山の方が訪問しています・・・。(ほんとにみんな忙しい?)

そういう『忙しい』という理由でブログを『やらない』個人事業主・自営業も多いようです。

もったいないなと思います。

ブログなんて事業の運営費として考えればほとんどお金はかからない。

しかもお客さんを呼び込める(かもしれない)。

自営業は小資本で回しているところも多いと思います。

回せるお金が少ない方はブログはおすすめです。

自営業がブログで集客するということ

ブログでガンガン宣伝して集客するというイメージがある方もおられると思います。

でもそのようなブログの使い方はNGです。

ブログを活用する理由は以下の通りです。

  1. ユーザーに解決策を提案
  2. どんな仕事なのかを知ってもらう
  3. 少しの努力が差を生む

1.ユーザーに解決策を提案

正直、ユーザーは宣伝色の強いブログなんて読みたくないです。

また、知らない人の『日記』を毎日読むことはほとんどないと思います。

ネットユーザーは大抵、何か解決策はないか?と『情報』を検索しています。

これだっと思ってもらえる記事を書いてコツコツと積み上げていきくことが重要です。

自営業の場合は、その道のことに関して、専門性の高い記事を書くことができるはず。

ブログは売り込みではなくて、認知度や信頼性を高めるためのツールと思った方が良いです。

2.どんな仕事なのかを知ってもらう

個人事業主・自営業はほとんどの場合、『名前』を知られていません。

ある意味、どこの馬の骨なのかもわからない存在です。

美容室や整骨院など実店舗ならイメージがつきやすいですが、多くの業種は謎が多いです。

私も謎の多い自営業として10年以上やってきました。。

自分で相手にどんな仕事をしているのか説明をしない限り理解されません。

また、口で説明しても理解されないケースもあります。

(ニッチな市場で勝負している人は説明も不要なこともありますが)

サラリーマンやOLの場合は会社名を言えば『○○の会社だね』と理解されやすいです。

でも、自営業で理解されたいなら、自分で声を出してアピールするしかないです。

3.少しの努力が差を生む

はっきり言うと、ブログはやるかやらないかだけです。

地方で営業活動されているお店やサービスなら、なおさら大きいです。

先述の通り、自営業は忙しい。

だからブログを書いている人も必然的に少ない。

ニッチな市場で勝負しているなら、すぐにある程度の成果が上がることもあります。

東京などだと競合がひしめいているでしょうが、地方は割りとすっからかん。

自営業には、月に何万ページビューの訪問者などいらないです。

既に商品やサービスを持っているのですから話が早いです。

導線をしっかりやれば、1日数アクセスでもビジネスになることはありますよ。

まとめ

『お金がない』・『人がいない』・『時間がない』。

そんな自営業でも、コツコツやれば報われる可能性があるのがブログです。

無理して毎日書く必要はないけれど、少しずつ書いていくことがおすすめです。

やるかやらないかはアナタ次第。

ご参考まで。

ブログ初心者 ブログを始める 初心者向けのヒントやコツ

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク