自分で確定申告する方がビジネス感覚が身につく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

自分で確定申告する方がビジネス感覚が身につく』です。

自営業やフリーランサーはもちろん、

副業の場合でも年間20万円以上の所得があれば確定申告をしなければなりません。

私の場合は、これまで税理士に任せることなく自分で確定申告をしてきました。

知り合いに話を聞くと、開業からずっと税理士に丸投げしているそうです。

そういう方も確かにいらっしゃいます。

でも、本当は少なくとも最初の数年間ぐらいは自分で頭に汗をかきながら確定申告をした方が良いと個人的には思います。

理由は以下のとおりです。

確定申告を自分でやること

  1. 前年の営業成績を客観的に見ることができる
  2. お金の流れを確認できる。

1.前年の営業成績を客観的に見ることができる

確定申告はもちろん前年の営業成績から税金を確定するためのものではあります。

それ以外に前年の売上と経費、利益を客観的に確認できる大事な時期でもあります。

普段は忙しくて数字を追うことはあまりない方も多いかもしれないです。

でも、確定申告の際は必ず数字を見ることになります。

もし売上が思うように伸びていなければ、原因を突き止めることもできます。

自分の前年の営業成績を再確認するのはある意味ドキドキします。

その反省に立って次の年はどういうに展開していこうという目標も生まれます。

そういう意味でも、自分で確定申告をやってみる方が良いと思います。

もし税理士に丸投げしてしまっては、このような学びを得ることは一生ありません。

2.お金の流れを確認できる

自分で確定申告をすると、

どのようなことにお金(経費)が掛かっているかを確認することができます。

無駄な経費を見つけられれば、対策を講じることもできます。

お金を流れを知ることは商売では最も重要なことでもあります。

むしろ、全くお金の流れを確認せずに営業しているとなると正直ヤバイです。

毎年確定申告をすることで、一年間のお金の流れを客観視できるので、やはり自分で確定申告をやる方が良いと思います。

まとめ

確定申告を自分でやるのは面倒だと思われるかもしれないですが、

過去の成績を見て、未来を考えるきっかけになるので、

個人的には少なくとも慣れてくるまでは、

自分で申告をやることをおすすめします。

税理士に頼むとお金もかかりますからね。

今ではfreeeなどの会計クラウドサービスもあるので利用してみると良いです。

会計も随分楽になりました。

個人事業主がクラウド会計ソフト・フリー(freee)を使う長所・短所について

ご参考まで

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

副業 サラリーマンや主婦が副業を成功させるためのヒント

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク