個人事業主(夫)と育児のリアル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。 無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは『個人事業主(夫)と育児』についてです。

私自身、1歳の子供を抱える個人事業主(男)です。

月の半分ぐらいを在宅ワークで働いています(内訳としてはネット通販の利益が一番大きくて、それに続いて、ホームページ制作、コンテンツ制作など 2017年9月現在)

遅い年齢(42歳)で授かった子供でとてもかわいいなと思います。

ただ、正直かわいいだけでは片付けられない現実もあるというのが実感ですね。

嫁の会社の育児休暇が終わったと同時に、保育園に預けることになりました。

生まれて1年間、ほとんど毎日子供の顔を見ながら仕事ができて良かったと思います。

保育園に預けるとなると、育児に割いていた時間を仕事に使えるようになるので、私も仕事に集中できると思っていました。

しかし、そうは問屋がおろさないですね。。

理由は以下のとおりです。

子育てと病気

  1. 風邪や病気で通園できない
  2. 自宅で子供を看ると高確率で自分も感染する
  3. 子供を看ている間、仕事ができない

1.風邪や病気で通園できない

保育園に通園するようになると、かなりの頻度で子供が風邪やRSウィルスなどに罹って帰ってきます。

鼻水たらたら、咳ゴホッゴホッ。

昨日まで元気だった子が急にグズり出します。

特に男の子は病気に罹ることが多いらしく、通園して1ヶ月あまりで2度病気に罹りました。

実際に通園したのは1ヶ月の間の10日程度でしょうか。

余談ですが、新米の保育士さんは、保育園で働きだすと1年間ぐらいは毎回何らかの病気に罹るそうです。

だから、ほとんど出勤できない場合が多いそうです。

それくらい、保育園では病気に罹りやすいということですね。

2.自宅で子供を看ると高確率で自分も感染する

今回うちの子も、風邪で通園できないので、数日間、私が看ています。

昨日、子供がギャン泣きするので、抱っこしたら普段よりもずっしり重い。。

『何でだろう?』と思いながらも抱っこを続けていたのですが、普段より全然私の体力がないんです。

子供は『立ったまま抱っこ』してもらうのが好きで、私が重くて子供を床に下ろすと、またすぐにギャン泣きが始まります。

特に、子供も熱を出しているので、機嫌が悪いんですよね。

私も抱っこを続けるのが厳しくなったので、子供をベビーカーに乗せて近所を散歩することにしました。

ベビーカーに乗ると大抵子供は寝てしまうので、20分ぐらい歩いて、頃合いを見て、自宅に帰り布団に寝かしつけようとしました。

しかし、またギャン泣き・・・。

抱っこしようとしても、私の腕から飛び出そうとします。

熱があるのによくそんなパワーがあるなと感心するほどです。

しかし、あまりに泣き止まないので、今度は車に乗せて公園に行くことにしました。

私も何故か運転中にフラフラしてきました。

公園に着く前に子供がスヤスヤ眠ってくれて、私も何故か体がきつかったので、途中で引き返して、自宅に帰りました。

この時、朝の11時。

寝ている子供を布団に置いた瞬間、またもやギャン泣き・・・。

結局また抱っこすることにしました。

でも何か私の体がキツイ。置いては泣き、また置いては泣きの繰り返し。

お昼ごはんを食べて、子供にもご飯を食べさせたら、二人とも倒れるように眠りました。

それから2時間ぐらいして私が起きて、自分の熱を計ってみると体温は38.5度

やっぱり自分も感染してたのかと納得しました。

それはそうですよね。子供が舐めたり鼻水を触った手を拭いてあげたり、抱っこしたりするんですから。

また、子供も起きて体温を計ると同じく38.5度・・・。

そしてまたギャン泣き。

これはいかんと思い、病院に行くことにしました。

これはまさに病人が病人を介護する『病病 介護』ですね。

こんな時に限って会社に行っている嫁は携帯を自宅に忘れて連絡つかず。

私がしんどいおもいをして、小児科に連れていきました。

また、私も内科を受診。

薬をもらったのので、多少は快方に向かっているのかなと思います。

子供を看ている間、仕事ができない

この記事を書いているのは実は子供が保育園を休んで3日目になります。

まる2日はほとんど仕事ができていません。

1日目は病院のはしご。昼ごはん、介抱、お昼のおやつ、介抱でほとんど終わりました。

2日目は前述のとおり、子供の介抱と病院。それに私も倒れてしまい動けなくなりました。

3日目、今日この記事を書けているのは、子供が今寝ているから。

微熱と戦いながら書いています。

子供が起きたらまたギャン泣きが始まるかもしれないので、ビクビクしています。

個人事業主の場合は、会社員のように有給休暇がないのでその辺大変です。

基本的には、仕事をしない限り現金も入ってきませんからね。

今日は嫁さんに会社を早退してもらうように言っているので、何とかなりそうですが、これからも何度もこのようなことが起こるだろうなとは予想しています。

自営業がとにかくお金を稼がなければならない理由

まとめ

大変ですが、これも個人事業主の現実ということで、これから自分で仕事をしようと思っている方の参考になれば幸いです。

ご参考まで

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク