起業するならビジネスアイデアはじっくり時間を掛けるのがベター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは『ビジネスアイデア』についてです。

私自身は個人事業主を10年以上続けています。

正直、ビジネスアイデアについて深く考えたか?

と問われると疑問で、ある意味、見切り発車で仕事をスタートした感じでした。

それでも、何とかこうして人に雇われることなく生きながらえていることを考えると、まあ何とかなるとも言えます。

でも、これから起業を目指している方には、

出来る限り真剣にアイデア考え、練り上げ、具現化してほしいです。

というのも、きちんとしたビジネス設計をしていないと、せっかく多くの時間をビジネスに費やしても成長に限界が出てくるからです。

それは私自身が身をもって体験しました。

途中でビジネスモデルを再構築できますが、

出来ることなら無駄な苦労は避けたいですよね?

このページでは、これからビジネスモデルを構築しようと思っている方へ、ビジネスアイデアを出す際に気をつけたいことについて書いてみました。

ビジネスアイデアを出す時に気をつけたいこと

  1. 2~3個のアイデアでは足りない。
  2. 具体的な数字も入れる。
  3. 期日を明確にする。
  4. アイデア帳もブラッシュアップする。
  5. アイデアとアイデアを組み合わせる。
  6. アイデアを周囲に発表する。

1.2~3個のアイデアでは足りない

私は以前、アイデアをぱっと2~3個出して、

その中から良さそうなものをピックアップして始動するという安直なことをやっていました。

確かに、それでもやれないことはないのですが、

これでは明らかに思考が足りないですね。

正直なところ、すぐに思いつく程度のアイデアなんて誰にでも考えられるレベルのものです。

その程度のアイデアですから、すぐに他の人も真似をしてきます。

また、いずれ儲からなくなります。

起業を決めたら、毎日必ずアイデアを出すくらいの気持ちが必要だと思います。

くれぐれも、ぽっと出た程度のアイデアに食いつかないことですね。

2.具体的な数字も入れる

取らぬ狸の皮算用ではなく、

仮説として、このアイデアのビジネスを実際にやると、これくらいの売上が上がり、経費がこれくらい掛かり、利益が○○万円出るという具体的な数字にまで落とし込んでおく必要があります。

『多分、儲かる』ではなくて、具体的に数値化してみて、

実現できるかどうかを考えることが重要です。

実際には計算通りにはいかない場合も多いですが、

ある程度の仮説を立てておかなければ、

実現までに資金がショートしかねませんし、

思うように儲からなかった・・・と撤退を余儀なくされることもあると思います。

ですから、始める前に、具体的にどれくらいお金が掛かって、

どれくらい儲かるかについては数字で抑えておくことが大事なことだろうと思います。

3.期日を明確にする

『期日を明確にする』ことも重要です。

『いつか実現したい』ではいつまで経ってもアイデアは日の目を見ないと思います。

20XX年の○月○日までに実現するというように日時を記載することも大事ですね。

4.アイデア帳もブラッシュアップする

アイデアを出す時には必ずアイデアをノートなどに書き留めると思います。

その際に使うノートやアイデア帳もより良いものにしていくことも大事なことです。

アイデアを出すやり方を『仕組み化』することです。

アイデアを効果的に『利用する』ために、ノートもより使いやすいものに改善することも大事だと思います。

5.アイデアとアイデアを組み合わせる

出したアイデアはそのままでも使えることはあると思います。

でも、もっと面白いものにしたり、他と差別化するためには、

他に出したアイデアと組み合わせてみるのも一つの手です。

アイデアは組み合わせれば、無限に増えていくので、

ひたすら組み合わせてみるのも面白いかもしれませんね。

6.アイデアを周囲に発表する

アイデアを自分の心の中だけに留めておくよりも、

周囲の人にアイデアを話してみるのも良いと思います。

アイデアを他の人に発表することで、

相手からもっと面白いヒントを得られることもありますし、

逆にダメ出しをされることもあります。

どんな反応であるにしても良いフィードバックだと思い、

更にアイデアを改善していけば、日に日に良いビジネスモデルになると思います。

まとめ

私自身もビジネス設計が甘くて苦労した経験があるため、

これから起業される方にはよく考えて行動することをおすすめしたいです。

そのためには、やはり沢山のアイデア出しが欠かせないと思います。

アイデアを自分で必死に考えることで、

様々なことにアンテナが立つようになります。

そうすれば、更にもう一歩踏み込んだアイデアが生まれて来るように思います。

それから、沢山の本を読むこともおすすめですね。

今回のおさらいです。

  1. 2~3個のアイデアでは足りない。
  2. 具体的な数字も入れる。
  3. 期日を明確にする。
  4. アイデア帳もブラッシュアップする。
  5. アイデアとアイデアを組み合わせる。
  6. アイデアを周囲に発表する。

ご参考まで。

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

性格診断 あなたに最適な起業のタイプは?

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク