今の時代は働き方が選べる ただし、それはそれで難しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

今の時代は働き方が選べる ただし、それはそれで難しい』です。

日本社会も少しずつ、働き方に関して柔軟になってきたように思います。

それはそれで、ある意味では、良い流れだと思います。

しかし、自分自身で働き方を選べる時代というのは、

ある意味、『難しい時代』とも言えると思います。

その理由について、以下に書いてみました。

働き方を選べることの難しさ

  1. 会社に頼れない
  2. 自己責任を強いられる
  3. 日本人は『個』で仕事をすることに慣れていない
  4. 副業は実は大変

1.会社に頼れない

一昔前までは、終身雇用制度のお陰で、デキる人もそうでない人も、

定年まで会社にいれば、老後は退職金と年金を貰い安泰という時代でした。

しかし、働き方が選べる時代ということは、逆説的に言うと、

これまで会社に頼っていた部分を、

そうでない部分に置き換えなければならなくなるということでもあります。

それが、以下の『自己責任』になります。

2.自己責任を強いられる

自分で働き方を選べるというのは、バラ色のように見えます。

でも、実は自己責任を強いられるということでもあります。

会社員なら、有給休暇やボーナス、育児休暇を取ることができます。

残業手当もそうです。

しかし、自分で働き方を選べるようになると、

その恩恵に預かれなくなる可能性もあります。

稼げるかどうかも自分次第ということになります。

3.日本人は『個』で仕事をすることに慣れていない

サラリーマンの方の場合、会社ではうまく仕事をやれても、

自分(個)で仕事をするのには慣れていない場合も多いです。

日本はサラリーマン社会ですから、仕方がないです。

会社員の場合は、大抵、自分の持ち場がありますからね。

でも、実際に『今日から君は自由だ』と、

いきなり会社からポンッと放り出された時に、

果たして3ヶ月生き残れる人が何人いるか疑問です。

多分、ほとんどの人はどうすればいいのかわからずに、

右往左往すると思います。

それだけ『自由』って実は難しいことです。

4.副業は実は大変

副業を容認する会社が増えているそうです。

これも、働き方の選択肢が増えたということで有り難いことです。

でも、実際には仕事を持ちながら、副業するのは大変です。

本業が忙しくて副業を挫折する人も多いです。

副業の時間をやりくりするのは本当に大変です。

さらに、会社が副業を容認する代わりに、

残業代を出さないとなると、

生活は逆に苦しくなることも考えられます。

副業をしなければ収入が減り、生活が苦しくなるのは、

本末転倒だとも言えますね。

まとめ

働き方を選べることは、

やり手の人や野望のある人には好都合のように見えます。

ただ、そこまでモチベーションが高くない人にとっては、

逆に大変な面が増えるのではないかとも思います。

働き方が選べる時代だからこそ難しい問題もある。

そういうことも少しは頭に入れておいた方が良いですね。

ご参考まで。

副業 サラリーマンや主婦が副業を成功させるためのヒント

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク