個人事業主がクラウド会計ソフト・フリー(freee)を使う長所・短所について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

個人事業主がクラウド会計ソフト・フリー(freee)を使う長所・短所』についてです。

私も実際に、クラウド会計ソフト・フリー(freee・スタータープラン)を使っています。

今回は、そのの長所(利点)・短所ついて書いてみました。

クラウド会計ソフト・freeeのメリット・デメリット

  1. 銀行やクレジットカードを連携することができる
  2. 勘定科目や取引先などを自動で登録してくれる
  3. 損益レポートで経営状況を見える化できる
  4. 税額のシュミレーションが確認できる

1.銀行やクレジットカードを連携することができる

インターネットバンキングやクレジットカードを連携することができます。

『同期』することで取引明細を自動で取得し、

正確な口座残高などを把握できます。

例えば、会計ソフトに登録した楽天銀行にAさんから入金があれば、

『同期』することで取引明細が画面に表示されます。

また、会計ソフトに登録したクレジットカードで引き落としがあった場合も、

取引が表示されます。

銀行の残高がどれくらいあるかなどは、

通常なら銀行のサイトにアクセスしなければ見ることができません。

しかし、このクラウド会計ソフトの場合は、

画面を開くだけで銀行の残高などを確認できるので、

『たぶん今○○○万円ぐらい残高があるだろう』ではなくて、

リアルタイムで『正確な残高』を知ることができます。

脱・どんぶり勘定に最適です。

2.勘定科目や取引先などを自動で登録してくれる

特に、ネットバンキング経由でお客さんなどから入金があった時は、

自動学習により、勘定科目や取引先などを推測して自動で登録してくれるので、

登録の手間がかなり省けます。

ネットバンキング経由やクレジットカード決済での取引が多い方は、

帳簿付けが劇的に楽になると思います。

また、それにより月の収支や取引履歴がひと目でわかるようになるので便利です。

ただし、取引先が不特定多数の場合は、手動入力が必要な場合もあります。

3.損益レポートで経営状況を見える化できる

月ごとの損益レポートを表示できます。

当月の売上と利益と前月との比較なども可能。

可視化(見える化)することで経営視点を持つことができるようになります。

今までは『大体これくらいの利益』だったものが、

『これが利益』という風になるので経営分析が明快になります。

4.税額のシュミレーションが確認できる

スマホで税額のシュミレーションを見ることができます。

これは確定申告をした際に、

どれくらいの税金を納める必要があるかを確認できる仕組みです。

確定申告したらどれくらいの税金になるかな~という目安になるので、

税金を納める覚悟ができます(笑)

クラウド会計ソフト・freeeのデメリット

  1. 使い慣れるには多少の時間が掛かる
  2. 途中から使い始めると勘定科目などの入力が大変
  3. スマホでも使えるが、パソコンの方がより詳しいデータが見れる

1.使い慣れるには多少の時間が掛かる

使い慣れるにはある程度の時間が掛かります。

どんな会計ソフトでも、慣れるにはある程度の時間が掛かるので、

まあ、仕方がないですね。

活用するための準備には多少時間が掛かると思った方が良いと思います。

逆に慣れたら非常に楽になります。急がば回れですね。

経営の勉強をすると思ったら、多少の時間を割くことは必要だろうと思います。

2.途中から使い始めると勘定科目などの入力が大変

私はこの会計ソフトを9月から使い始めました。

使い始める時期が遅かったために、

1年間の取引履歴を入力するのに苦労しました。

大半の取引の記録は銀行取引やクレジットカードの情報から自動で読み込んでくれます。

それ以外のデータなどは手入力が必要なものもあります。

本来なら、個人事業主・自営業の場合は期首の1月からスタート。

12月までの帳簿記録を付けたいところです。

このようなクラウド会計ソフトを利用する場合は、

利用開始の月が早い方が楽できると思います。

クラウド会計ソフトを10月~12月ぐらいに申し込みする場合は、

来年の1月からきちんと付けられる体制を今から整えると良いと思います。

そうすれば、翌年の確定申告は格段に楽になると思いますし、

営業成績もスッキリ見える化できるようになると思います。

出来れば早い時期の申し込みが吉です。

10月~12月ぐらいの申し込みの場合は、

次年からガッツリ使う気持ちで申し込むのが良いと思います。

3.スマホよりもパソコンの方がより詳しいデータが見れる

スマホでも、もちろん問題なく使えますが、

詳しい分析をしようと思ったらパソコンで見る方が良いようです。

例えば、損益レポートなどはPCの方がより詳しいデータを見ることができます。

こんな方に特におすすめ

毎月の収支をしっかり把握して経営に活かしたい方

確定申告の時だけ使うというのではなくて、

毎月の収支をしっかり把握して経営に活かしたい方に特におすすめです。

このクラウド会計ソフトは固定費(年額9,800円~)になりますから、

ある程度真剣に会計について考えている方向けだと思います。

全く儲かっていないか、赤字の事業者にはおすすめできません。

これまではどんぶり勘定だったけれども経営分析を始めたい方にもおすすめです。

ご参考まで

会計ソフトfreee

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク