フランチャイズで独立・開業するのも一つの手

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

フランチャイズで独立・開業するのも一つの手』です。

私自身は、フランチャイズではなくて、

独立採算制でスモールビジネス(メインは物販)をやっています。

ある意味、他社からの助けを受けずに、自分で商売をやっているという状態です。

ただ、色んな方と接していくうちに、私のように、独立採算制が向いている人と、

フランチャイズが向いている人がいるのかな?と思うようになりました。

例えば、コンビニの店長や弁当屋さんの店長に向いているなと思う人も確かにいます。

個人的に思うフランチャイズに向いている人は以下のような人です。

フランチャイズに向いている人

  1. 真面目な人
  2. 安定収入を得たい人
  3. サラリーマン経験が長い人
  4. ある程度資金がある人

真面目な人

独立採算制の人が真面目じゃないとは言いませんが、

フランチャイズに向いている人は、

本部の言うことを真面目にこなせるような人かなと思います。

コツコツ仕事をこなせる人はフランチャイズで成功しそうです。

安定収入を得たい人

独立採算制の場合は、

儲かる仕組みを自分で構築しなければなりません。

これって実は結構大変です。

しかし、フランチャイズの場合は、

知名度やノウハウ、商品力が既に備わっている場合は多いです。

ですから、商品を販売するのには苦労は少ないと思います。

通常の独立ですと、最初の集客の段階から躓く(つまずく)ケースが多いです。

しかし、フランチャイズですとその点はほとんど苦労がないと思います。

サラリーマン経験が長い人

どうしてサラリーマン経験が長い人が良いかと言うと、

会社という仕組みの中で生きてきているから。

サラリーマンをほとんど経験していない人ですと、

どうしても本部の指示に反発したり、

言いなりになることが嫌で続かない可能性が高いです。

サラリーマンを経験をしていれば、多少理不尽なことがあっても、

会社員時代を思い出して、耐えることができると思います。

ある程度資金がある人

フランチャイズになるには、

ある程度の軍資金が必要な場合が多いです。

加盟金や仕入れ金、保証金などが必要になることが多いです。

フランチャイズを始めるなら、

少なくともサラリーマン時代に、

数百万円ぐらいは貯めておきたいですね。

まとめ

フランチャイズで独立するということは、加盟店になることで、

ノウハウや知名度、商品力を手にすることができるということです。

ある意味、リスクを少なくした独立が可能ということですね。

例えば、40代、50代でその業界の経験がなくても、

本部が教育や指導をしてくれるので、安心だとも言えますね。

独立したいけれども、何をしたらいいかわからないという方は、

フランチャイズも視野に入れてみるのも良いかもしれないですね。

ご参考まで。

フランチャイズ比較

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

性格診断 あなたに最適な起業のタイプは?

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク