副業でeBayを使って輸出ビジネスをやるメリット・デメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

副業でeBayを使って輸出ビジネスをやるメリット・デメリット』についてです。

私自身も以前、海外サイトのeBay(イーベイ)で数年間(3~4年ほど)商品を販売していました。

今回は、その経験を踏まえて、

輸出ビジネス(eBay)メリット・デメリットについて書いてみたいと思います。

副業輸出ビジネスのメリットとデメリット

イーベイを利用して個人輸出ビジネスをする際の長所と短所についてです。

メリット

  1. 日本で売れないものでも売れる
  2. 日本人とは趣向が違う
  3. アメリカだけでなく全世界の人がターゲット

1.日本で売れないものでも売れる

一番のメリットは日本では見向きもされない商品や、

売れにくい商品が海外では面白いように売れるところではないでしょうか。

日本では当たり前にあるものでも、

海外の人にとっては珍しく映る商品も多いようです。

そのような商品を販売すれば、ドンドン売れていきます。

eBayで商品を販売する場合は、

最初に念入りに市場調査をした上で販売することで成果が出やすくなります。

2.日本人とは趣向が違う

そもそも日本人と外国人とでは趣味は趣向、

好みが全く異なることが多々あります。

ですから、日本人の固定観念で『これは売れないな』と思うよりも、

『もしかすると、売れるかも?』と思った方が良いかもしれません。

そんな時は迷わず市場調査してみると良いです。

例えば、日本で『こけし』が好きな人はレアだと思います。

でも実は海外では現代風にアレンジした『創作こけし』が人気だったりします。

当時、そのようなこけしが数百ドル(数万円)で売られているのをよく目にしました。

ですので、日本人の感覚を信じすぎない方が良いのかなと思います。

『売れない』と決めつけるのではなくて、

もしかすると、海外では『売れるかも?』

という視点を持つことも大事なように思います。

コテコテの日本のものが売れるのが海外輸出ビジネスの特徴かもしれません。

3.アメリカだけでなく全世界の人がターゲット

eBay.comはアメリカ人がメイン顧客ではありますが、

ヨーロッパやアジア、オセアニア地域の人たちもよく購入してくれます。

私もよくイギリス、フランス、オランダ、ベルギー、

韓国、中国、オーストラリアなどの国からオーダーを頂いていました。

ターゲットとなる国が非常に広いのがeBayの特徴だと思います。

デメリット

  1. 商品の未着率が高い
  2. 割れ物は輸送中に壊れやすい
  3. 意外とクレームが多い
  4. コミュニケーションが面倒な場合もある
  5. すべて英語なので頭を使う

1.商品の未着率が高い

結構多いのが商品の未着。

私も場合、月に100件ほど販売した際に、

1~2件ほど商品の未着の連絡を受けていました。

長距離を配達するので致し方ない部分もあると思います。

空港の税関でストップしていたこともよくありました。

『届いたよ』と先方から評価が来るまでいつもハラハラしていました。

また忘れた頃に届いていないなどと連絡が来ると、

またか~と弱ってしまっていました。

EMSや国際eパケットならトラッキングできるので良いです。

でも、AirmailやSAL便などお問い合わせ番号が付かないものは利用しない方が良いです。

また、商品未着の場合は、郵便局に問い合わせて、

その国の郵便局から経過報告を待ちます。

実際に商品が届かいない場合は、

お客に返金しなければなりません。

EMSなどには紛失に対する保障がありますが、

紛失申請からお金(実費)の支払い(返金)までに時間が非常に掛かる場合があるので、正直面倒です。

2.割れ物は輸送中に壊れやすい

私も初期の頃は割れ物を扱っていました。

しかし、商品の輸送中に壊れることが多くて困りました。

梱包が未熟だったことも原因だと思います。

割れ物を扱う場合は投げても壊れないほどの厳重な梱包が必要です。

もしくは、割れないものを販売することですね。

3.意外とクレームが多い

海外商取引では、クレームも多かった印象です。

特に、日本人の感覚ではどうでも良いことに不満を言う人もいました。

と言っても、個人によって感覚・感性が違うので致し方ない部分もあります。

ただ、明らかにクレームの意図がおかしい場合もありました。

返金しないと悪い評価つけるぞアピールをしてくる客もいました。

海外ネット商取引の場合はこのような場面も想定しておいた方が良いと思います。

4.コミュニケーションが面倒な場合もある

メールでのやり取りなので、

コミュニケーションが面倒だと感じることもありました。

特に、日本に来たことがあるという方や日本に住んでいた方とはメールで話をするのですが、延々とやり取りすることになり、時間が掛かります。

私の英語力が乏しいのと、メールでのやり取りで長文を読み書きするのが結構大変でした。

顔を突き合わせて会話するのではないので意外に大変です。

5.すべて英語なので頭を使う

すべて英語なので英語の勉強になるという見方もありますが、

日常業務で英語を使うとなると意外に疲れます。

私の場合は仕入から出品、発送、連絡まですべて自分でやっていました。

特にクレームや未着の件でお客さんと話す時は疲れがどっときました。

まとめ

以上、海外ネット通販eBayで輸出ビジネスをする長所と短所について書いてみました。

以下、おさらいです。

(メリット)

  1. 日本で売れないものでも売れる
  2. 日本人とは趣向が違う
  3. アメリカだけでなく全世界の人がターゲット

(デメリット)

  1. 商品の未着率が高い
  2. 割れ物は輸送中に壊れやすい
  3. 意外とクレームが多い
  4. コミュニケーションが面倒な場合もある
  5. すべて英語なので頭を使う

副業 サラリーマンや主婦が副業を成功させるためのヒント
ネット通販 インターネット通販を開業する際に知っておきたいこと

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク