泥臭い仕事に活路を見出す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。
無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

泥臭い仕事に活路を見出す』です。

見た目が華やかな仕事の方が儲かっているように見えます。

でも、個人的には、仕事って結構泥臭い方が良いと思っています。

特に最近よくそう思うようになりました。

その理由については以下の通りです。

泥臭い商売がおすすめの理由

  1. 商売は原価を減らして利益を上げるもの
  2. 泥臭い商売をしていると嗅覚が身につく
  3. 強者のパワーゲームに負けない

1.商売は原価を減らして利益を上げるもの

商売はカッコばかりではいけなくて、

利益を上げてなんぼの世界です。

利益を上げるということは、

原価を極力下げて、儲けを増やす必要があります。

儲かりやすい仕事には、多くの人や企業が群がります。

でも、案外面倒くさい仕事はみんなやりたがらないものです。

泥臭い仕事はこういう面倒くさい仕事をいかに拾っていくか。

誰でも出来る仕事や簡単な仕事には多くの人や企業が参入します。

人があんまりやりたがらない仕事がやっぱり良いと思います。

2.泥臭い商売をしていると嗅覚が身につく

1円でも多くの利益を目指して仕事をしていると、

そのうち、利益に対する嗅覚が身についてきます。

サッカーのエースストライカーは、花形のポジションに見えます。

でも案外、泥臭いプレーでレギュラーを勝ち取っている場合が多いです。

それと同じように、商売においても、泥臭くを心がけていると、

自然と稼げる道が見つかることがあります。

これは、どんなに困難にぶち当たっても負けない気持ちがあるからです。

諦めない気持ちが運を引き寄せます。

3.強者のパワーゲームに負けない

小規模の事業者は、資金やマンパワーの多い企業や個人にはなかなか勝てません。

むしろ、同じ土俵で戦わないことも重要です。

弱者は泥臭くかっこ悪くても負けない戦い方をしなければなりません。

強者に負けないためには、ポジショニングも意識しなければならないです。

もし自分の力が十分についた時には、

強者に果敢に立ち向かって行くのも良いと思います。

でも、十分に実力がない場合は、

弱者として泥臭く戦う方が勝機は増えるはずです。

負け戦をしないことも大事なことですね。

まとめ

長年個人で商売をやってきて思ったことを綴ってみました。

商売は簡単そうに見えて、そう簡単なことではありません。

ある意味、死ぬか生きるかの戦いをしているようなものです。

ですので、時には泥臭く戦うのも必要だと思います。

そんなことの積み重ねが、商売の飛躍のきっかけになるのかもしれません。

ご参考まで。

個人事業主 個人事業主が継続的に稼ぐためのコツやヒントまとめ

起業・独立 起業・独立を成功させるためのアイデアやヒント

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク