ストック型のブログを書くメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。

無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは、

ストック型のブログを書くメリット』です。

ブログも色んなタイプの運営方法があると思いますが、

大きく分けると、『フロー型』と『ストック型』に分かれると思います。

フローというのは、英語で流れるという意味ですが、

ストックは、英語で保存するというような意味になります。

どちらにも一長一短あるにはありますが、

個人的にはストック型の記事をおすすめしています。

理由は以下の通りです。

ストック型のブログをおすすめする理由

  1. 流行りに流されないブログを目指す
  2. 長く読まれるブログを目指す
  3. 古くならないブログを目指す

1.流行りに流されないブログを目指す

例えば、有名人が不倫報道でテレビに毎日露出する場合、

その有名人の記事を書けば、

一時的には大量のアクセス数を稼げるかもしれません。

しかし、ブームが去れば、

その人の名前で検索する人は限られた数になります。

しかも、流行りの記事を書いたところで、

何かビジネスに繋がるかと言えば、そうでもありません。

それよりも、流行りに流されない、

真面目な記事をコツコツと積み上げる方が、

最終的には、安定して長く続くブログになるのかなと思います。

2.長く読まれるブログを目指す

流行り廃りのあるブログよりも、

長く愛されるブログを目指すほうが良いように思います。

そのためには、色んなジャンルの記事を書くよりも、

ある程度、記事の内容を絞って書くほうが良いです。

そうすることで、『あのブログに行けば専門的な記事が読める』

というように思ってもらえ、リピート率も高まります。

昨日は恋愛の記事、今日はビジネスの記事という風になってしまうと、

どうしても、ビジターの属性がぼやけてしまいます。

属性がぼやけると、自然とリピート率は低くなります。

ブログを書き始める時点で、属性を明確にすることも大事なことです。

3.古くならないブログを目指す

鮮度が重要な記事もあります。

しかし、そのような記事を毎日書いても、

誰からも読まれないなら意味もありません。

知名度が高いブログなら、新鮮な情報を書くというのも良いでしょう。

しかし、知名度の高くないブログの場合は、

鮮度そのものよりも、

古くならない記事を書くことを心がけることが重要になります。

5年経っても読むのに耐えうる記事を書く、

ということも意識しておくと、実際に長く読まれる記事になります。

まとめ

流行りの記事は確かに一時的にはアクセス数を伸ばせるかもしれません。

しかし、一時的なアクセス数に踊らされるよりも、

地味な記事を、コツコツ積み上げていくことも大事です。

すると、自然とブログの力も高まって、

アクセス数の安定したブログになっていきます。

ストック型を目指すなら、

地味な作業にめげない心の強さも大事になりますね。

ご参考まで。

ブログ初心者 ブログを始める 初心者向けのヒントやコツ

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク