1年間運営してきたブログをテーマ毎にドメインを分けることにした理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

小さなビジネスを応援する『ちょいビズ』です。 無料配信中 メルマガ登録はこちら

今回のテーマは『1年間運営してきたブログをテーマ毎にドメインを分けることにした理由』についてです。

実はこのブログの前身とも言えるブログを2年以上前から運営していました。

そのブログの記事数は300を突破していました。

300記事もあれば、さぞPVも増えるだろうと思いきや、なかなかそれが上手くいきません。

月に1万PVにやや届かない程度に留まっていました。

リサーチ不足と内容が雑多だったからだろうと思います。

でも、いろんな失敗を経ながら、見えてきたこともあります。

気づいたことは以下のようなことです。

ブログを300記事書いて気がついたこと

  1. 専門的に書けるジャンルがある
  2. ブログはまとめて読みやすくすることが大事

専門的に書けるジャンルがある

以前はごちゃまぜのコンテンツのブログを運営してきました。

その中で直面した問題が、直帰率が高過ぎること。

過去1年間の直帰率は86%ほど。

平均滞在時間は2.2分。

微妙な結果に終わりました(でも最近はこれでも十分だと思います)。

しかし、300ページほど書いてきて気がついたことがあります。

それは、自分でも十分に専門的に書けるジャンルがあるということ

私自身は個人事業主・自営業を10年以上続けているので、これまでの経験からその分野に関しては、ある程度経験に即した記事を書くことができます。

このジャンルに関しては、大して考えなくても経験があるので、どんどん書くことができるんです。

これは大きな気づきでした。

私自身、100本ノック(数をこなす)ことの重要性は、そこにあると思っています。

ブログは100本ノックで鍛えられる

沢山こなすことで、見えてくることがあるんですね。

ブログはまとめて読みやすくすることが大事

以前のブログでは自営業のカテゴリーは、これから起業する人や実際に個人事業主を続けている人に役に立つ記事ではないかと個人的には思っていました。

ただ以前のブログでは、記事があちこちに散らばっていて、読者がまとめて読むのは難しい状態でした。

実際に同じジャンルの記事を1ページに記事をまとめたら、ページビューは増加しました。

ブログ自体はそのままで、1ページに同ジャンルの記事をまとめただけでも、効果は随分あったように思います。

しかし、Google先生は専門的なサイトを好むので、雑多なブログのドメインで運営するよりも、自営業のカテゴリーだけドメインをわけて運営する方が良いかなと思うようになりました。

実際に、そちらの方が、私のビジネスの展開としても好都合なのかなと思いました。

そこで、自営業の記事のカテゴリーに関しては、ブログの記事を切り離して、ドメインを分けることにしました。

問題点は、余計にドメイン代とサーバー代がかかることでした。

(サーバー代はエックスサーバーなら複数ドメインが利用できるので余計には掛かりません)

でも、費用に関しては、既に収益化出来ていて、問題は余裕でクリアできました。

まとめ

1年以上ブログを書き続けることで、ノウハウも段々増えてきました。

それに、自分自身にある、リソースみたいなものにも気付くことができたので良かったと思います。

このことがブログを書く上での一番の収穫かもしれません。

このブログに関しては、続けることで良い方向に方向修正できたことが収穫でした。

ご参考まで。

ブログ初心者 ブログを始める 初心者向けのヒントやコツ

ブログの記事は参考になりましたか?
ちょいビズはメールマガジン読者限定情報を配信しています。

無料 メルマガ登録はこちらから
↑↑↑ブログには書いていない特別版を配信中です♪この機会に是非どうぞ。

『ちょいビズ』を書いている人

ちょいビズ主催:SHINJI.Y 40代男 一児の父 福岡県在住

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作)を始めて10年以上になります。

ブログでは、小さいながらコツコツと自活してきた経験を元に、インターネットを活用した仕事術や個人事業を継続するためのコツなどについて書いています。外注なしのオリジナルコンテンツです。

『ちょいビズ』は個人事業主や副業希望者向けの自立・未来の働き方支援・コミュニティ作りを目指しています。

【福岡】スモールビジネス(個人事業主・自営業・フリーランサー)のためのコミュニティ

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク